フレンチブルドッグの子犬を迎える

フレンチブルドッグの子犬を迎える

フレンチブルドッグの子犬を迎えるには、適した時期というものがあります。基本的には、離乳が住むまで(最低生後8週齢まで)母親の下で育ててあげましょう。

フレンチブルドッグを飼うための住環境を整備しよう

まず、食べてはいけないもの(毒性のある観葉植物など)や触れば怪我をする可能性がある様な、危険なものは置かないようにします。
子犬は室内を自由に歩かせると、家中を探索します。
物をかじったり、ひっくり返したり、食べてしまいます。
また、湿度と温度も重要です。フレンチブルドッグを含む犬という動物は体幹部に汗をかかないのです。そのため、寒暖の変化には弱い動物です。子犬の時期には、涼しい場所と暖かい場所を自ら選べるようにしてあげましょう。

フレンチブルドッグの歯の生え替わりについて

3週齢から乳歯が生え始め、離乳が完了する8週齢には生えそろいます。歯の生え替わりを促すためのかじるおもちゃ等が必要です。
生え替わりは生後3か月頃~生後5か月頃には犬歯が生え変わり、永久歯が生えそろいます。

フレンチブルドッグに名前を覚えさせる

注意を引くときや食事を与えるとき、スキンシップを取る時に名前で呼び、叱るときには名前を呼んではいけません。名前を呼んだ人の所に来るようになるまで続けましょう。

フレンチブルドッグの成犬を飼うことになった場合

成犬を譲り受ける事になった場合は、前の飼い主が分かっている場合にはそれまでの食生活、かかったことのある病気、ワクチンの接種時期、フィラリア予防は行っていたか等を詳しく聞いておきましょう。
飼い主が急に変わり、住環境が急に変わった事に不安を抱きます。その様な気持ちを察し、スキンシップを取れるようになるまで根気よく接てあげましょう。

⇒⇒【こちらの記事もオススメ】フレンチブルドッグの歯磨き方法とは
フレンチブルドッグ、タイガーブリンドルとパイドの特徴と性格
フレンチブルドッグの基本しつけ



動物/植物カテゴリの最新記事