フクロモモンガにイチゴやさくらんぼは食べさせてもOK?危険な食べ物とは?

フクロモモンガにイチゴやさくらんぼは食べさせてもOK?危険な食べ物とは?

フクロモモンガにイチゴやさくらんぼを始めとしたフルーツを与えても良いのか、危険な食べ物はあるのか気になる方も多いでしょう。
フクロモモンガが食べると命の危険がある食べ物もあるため、与える食べ物には注意が必要です。
そこで、フクロモモンガはイチゴやさくらんぼ、フルーツを食べても良いのか、危険な食べ物と与えても良い食べ物について詳しく紹介します。


フクロモモンガの食事について

飼育しているフクロモモンガに自然界と同じ食べ物を与えるのは難しいですが、可能な限り自然界に近い食べ物を与えてあげましょう。
自然界に近い食事をあげたい場合におすすめの餌について紹介します。

コオロギやミルワーム

熱帯魚を扱うお店であれば、コオロギ、ミルワームが販売されています。
なお、感染症や寄生虫がいる可能性があるため、外にいる昆虫を捕まえて与えるのは厳禁です。
昆虫はリンの含有量が多いため、1日に2匹ほどが理想です。

動物性蛋白質

ササミ、卵、豚バラなどが挙げられます。
ただし、卵の白身は少量、肉の脂身は取り除きましょう。
また、砂糖不使用のプレーンヨーグルトやモモンガ用のミルクなど、昆虫に含まれる栄養素が摂れるようにします。

フクロモモンガにイチゴやさくらんぼはOK?食べられるもの

フクロモモンガにさくらんぼを与えても大丈夫なのか、その他のフルーツについても紹介します。

さくらんぼ

ビタミン、カルシウム、抗酸化物質のバランスが良いことが特徴です。
種は毒になるため、取り除きましょう。

イチゴ

シュウ酸が多く、イチゴに含まれるカルシウムの吸収を妨げるため、健康に良いとはいえません。

りんご

りんごはリンの含有量が多いため、毎日与えないようにしましょう。
また、種は毒になるため取り除きます。

オレンジ

酸性のため、大量に与えるとフクロモモンガに悪影響を及ぼします。
特に小さいフクロモモンガには与えないようにしましょう。

パイナップル

酵素を含むため、消化に悪いです。
与えたい場合には、少量を週に1回程度にしましょう。

モモ

ビタミンとミネラルが多いため与えても良いですが、種は毒になるため取り除きます。

トマト

2~3日に1回、種が多い場合は種を取り除きます。
なお、葉の部分と緑のトマトは命の危険があるため絶対に与えないようにしましょう。

フクロモモンガに与えると危険な食べ物

フクロモモンガに与えると命の危険がある食べ物をチェックしておきましょう。

絶対に与えてはいけない食べ物

・カカオ(チョコなど)
・アボカド/バラ科(イチゴはOK)
・ユリ科
・ネギ類
・ジャガイモの芽
・生の大豆
・生肉/生卵
・ほうれん草
・牛乳
・フルーツの缶詰
・塩
ハチミツ

注意が必要な食べ物

・柑橘類/葉物野菜(痢になる)
・砂糖
・ミルワーム(栄養バランスが整っているものはOK)

市販のモモンガミルクは大量の砂糖を使用している場合があります。甘いニオイがするミルクは毎日あげないように注意しましょう。


フクロモモンガにさくらんぼはOK!安全な食べ物をあげよう

フクロモモンガにさくらんぼを与えても問題ありません。
しかし、与えると危険な食べ物も多いため、誤って与えないように、また、誤食しないように注意しましょう。

⇒⇒【こちらの記事もオススメ】
フクロモモンガの暑さ対策!最適な温度と暑さ対策グッズ

フクロモモンガがかかりやすい病気4つ!赤ちゃんと大人など年齢別に紹介

小動物カテゴリの最新記事