フレンチブルドッグの安全を守る室内環境

フレンチブルドッグの安全を守る室内環境

呼吸が苦手であるため、他の犬種と比較して体温調節も上手く出来ないフレンチブルドッグ。

そのため、室内飼いとなります。家の中では、外飼いとは異なる危険が潜んでいます。

フレンチブルドッグの安全を守るために、適切な室内環境を整えておきましょう。

フレンチブルドッグに最適な室温と湿度、床について

フレンチブルドックは暑さと寒さに弱い犬種。特に夏は、クーラーを消すことなく涼しい環境を整えておかなければいけません。

熱中症になりやすく、命に関わります。室温は最も注意が必要なポイントでもあります。

フローリングなどの滑る床は足腰の負担となります。フレンチブルドックはヘルニアを発症しやすいため、カーペットなどを敷いてあげましょう。

フレンチブルドッグを飼うために準備をしておくもの

室内飼いとは言え、サークルやケージは用意をしましょう。
来客時などに必要となり、興奮して落ち着かない場合などにもサークルに入れて落ち着かせる必要があるためです。

フレンチブルドッグにとって他にも危険なものが沢山

フレンチブルドッグの目の高さにあるものは、目を打つ危険性があるため極力置かないようにします。

電気コードなども、悪戯をして噛んだ際に感電をする、電池を飲みこむなどで命に関わる場合もあります。ストーブも火傷の危険があるため、使用する際には目を放さないように注意をしましょう。

フレンチブルドッグの誤飲に注意

ゴミ箱なども、ひっくり返してしまったり悪戯をして中のゴミを食べてしまう事があります。

喉に詰まらせる危険だけではなく、胃や腸に詰まった場合には開腹手術となります。

アクセサリーなども同様に、フレンチブルドッグが食べてしまわないように注意をしましょう。

まとめ:フレンチブルドッグの安全を守る室内環境

キッチンなどにはフレンチブルドッグが入って来れないよう、柵を設置するという方法も有効です。

もしくは、目を放さなければならない時にはサークルに入れておくなど、危険な目に遭わないように意識をしてあげることが重要です。

⇒⇒【こちらの記事もオススメ】フレンチブルドッグの歯磨き方法とは
フレンチブルドッグ、タイガーブリンドルとパイドの特徴と性格
フレンチブルドッグの基本しつけ


動物/植物カテゴリの最新記事