ウーパールーパーにエアレーションは不要?必要なケースとおすすめ商品

ウーパールーパーにエアレーションは不要?必要なケースとおすすめ商品

ウーパールーパーはエアレーションなしでも飼育できます。

清潔で冷たい水さえあれば、比較的丈夫で世話も簡単です。

しかし、エアレーションには酸素供給以外の役割があるのです。

今回は、ウーパールーパーへのエアレーションの役割を紹介します。


ウーパールーパーにエアレーションがいらないと言われる理由

ウーパールーパーは両生類であり、大量の酸素を必要としません。

そのため、エアレーションは絶対に必要ではありません。

また、ウーパールーパーは音や水流に敏感で、飼育容器の底に浮いてほとんど動かずに一生を過ごします。

飼育容器の底に音を立てたり、振動させたりするエアレーションを置くとウーパールーパーにストレスを与えます。

特に小さなウーパールーパーは、エアレーションの振動や水流に弱いため注意が必要です。

ウーパールーパーにエアレーションが必要なケース

ウーパールーパーは冷たい水温を好みます。

最適な水温は約15℃~20℃です。

夏場はクーラーや扇風機で水温を下げますが、冬場よりも水温が高くなってしまいます。

水温が高いとウーパールーパーがダメージを受けるだけではなく、バクテリアも減ってしまいます。

水温が上がると水中に溶けている酸素の量が減り、バクテリアの活動が低下して繁殖しにくくなります。

また、エアレーションは水流によって水温が下がりやすくなるため、水温を下げるのに有効です。

水槽内の温度差がないため、水質も安定します。

>>>Amazonでエアレーションをチェックする

ウーパールーパーにエアレーションを入れる際の水流対策

水質を維持し、水温を下げるためには水流があると良いでしょう。

しかし、ウーパールーパーは水流の少ない場所に生息しており、水の流れが苦手です。

水の流れのない綺麗な水を作るのは意外と難しいもの。

水の流れがないと、どうしても水が滞留して汚れやすくなります。

水が淀むと、濾過装置の能力を十分に発揮できません。

そのため、ウーパールーパーには少しの水の流れに耐えてもらいます。

そして、ストレスが溜まりすぎないように避難場所を用意しましょう。

>>>Amazonでシェルターをチェックする

死角さえあれば、どのようなシェルターでもよいでしょう。

水草でも、流木でも良いですが、水質に影響を与えないようにしてください。

注意点

流木は水カビが発生しやすいため注意しましょう。

適切に処理された流木がベストです。

また、水草は水カビの温床になりやすいです。

水草は光と二酸化炭素を必要とするため、枯れてしまうことがあります。

水槽の置物には、有害物質が徐々に溶け出し、ウーパールーパーの健康を害するものがあるため注意が必要です。

さらに、水のpHを急激に変化させるものがあるため、水槽に入れるものは慎重に選んでください。



ウーパールーパーは酸素不足に強い

ウーパールーパーの飼育にエアレーションは必須ではありません。

しかし、水質や水温の維持にはエアレーションが有効です。

●エアレーションを行う場合は水流に注意する
●水流から逃げるための死角を作る

ウーパールーパーにはエアレーションを活用して、水質や水温を維持してあげましょう。

⇒⇒【こちらの記事もオススメ】
ウーパールーパーの相場はいくら?価格や飼育にかかる費用|体重や魅力も解説

ウーパールーパーにおすすめの外掛けフィルターは?飼育に必要な外掛け式フィルターについて解説

爬虫類/両生類カテゴリの最新記事