マツに付きやすい虫やなりやすい病気を紹介!どんな対策が必要なのか?

マツに付きやすい虫やなりやすい病気を紹介!どんな対策が必要なのか?

                                                                  マツを庭木として育てるためには、病害虫対策が重要。どのような病気になりやすく、どんな害虫が付きやすいのか、どんな対策が必要かを解説します。

マツが枯れてしまう病気について

・松葉枯れ病:ペスタロチア菌が繁殖し、葉が枯れる。一部葉が赤く枯れるのはこの病気の可能性が高い。り患した葉を取り除いて、消毒する
・松葉ふるい病:細菌が葉に付いたことで斑点ができ枯れてしまう。り患した葉を取り除き、、全体を消毒する
・すす病:カイガラムシやアブラムシの排泄物にカビが発生することによって起こる。葉の表面が黒くすすに覆われたようになり光合成ができなくなる。カイガラムシやアブラムシを除去することで解決する

マツに付きやすい害虫

・マツノマダラカミキリ:松枯れの原因になるマツノザイセンチュウを媒介
・カイガラムシ:すす病の原因になる。樹液を吸うため、樹勢を弱める
・アブラムシ:すす病の原因になる
・マツカレハ:幼虫が樹皮の隙間などで越冬し、春になると葉を食い荒らす
・マツヤドリハダニ:葉を食い荒らし、白っぽく変色させる
いずれの虫も、専用の殺虫剤散布が必要です。

病害虫を防ぐ方法

・剪定して風通しを良くする
→放置すると、葉が密集し、幹の周りが多湿になる。多湿になると虫が湧きやすく、カビも生えやすくなるので、葉の数を減らして風通しを良くする
・土の排水性や通気性を確保する
→土が硬く締まってくると、排水性や通気性が悪くなり、病気になりやすくなる。土に穴を開けて空気を通りやすくしたり、土表面のコケを取り除いて乾きやすくしたりする
・溜まった落ち葉を焼却するなどして、衛生状態を保つ
・適切な殺虫剤を使用して害虫を駆除する

マツの病害虫対策はプロへ依頼するのもおすすめ

マツの病害虫対策は、木の高さによってはプロの手で薬剤散布などが必要になります。庭木のメンテナンスなども行っている業者もあるため、マツの病害虫対策について相談してみましょう。


動物/植物カテゴリの最新記事