リモートワークはツール選びが大切!有ると便利なツールを紹介

リモートワークはツール選びが大切!有ると便利なツールを紹介

                                                                  直接会って話さないリモートワークだからこそ、便利なツールを活用して仕事を円滑に進めることが大切です。そこで、どのようなツールを用意すると便利か、また使いやすいツールを紹介します。

リモートワークのツール選びのポイント

オフィスで顔を合わせて行う業務と異なり、リモートワークには以下の難点があるため、それをカバーするためのツールが必要です。
・手軽にコミュニケーションができる
・各人の業務の進捗が把握できる
・全体管理ができ、さらに業務でのやりとりがストックできる
・ファイルがやりとりできる
さらに、追加で以下も意識しておくとより便利です。
・日本語対応があるか
・無料で使える機能がどのくらい充実しているか
・不具合が起きた際の運営側の対応体制がしっかりしているか
・どんな拡張機能があるか

便利な機能1.タスク管理機能

・個人やグループ、プロジェクト単位で業務管理できる。
・具体的には進捗状況や課題、スケジュールの一覧表示などが可能となり、業務の全体像が共有できる。

便利な機能2.オンラインコミュニケーション機能

・1対1、または1対グループメンバーでのオンラインチャット。
・形式的な挨拶などが必要なメールよりも、気軽に効率的に用件の確認ができる。
・スマホ経由でも使いやすい。

便利な機能3.オンライン会議機能

・オンラインで音声通話やビデオ通話が行える。
・画面共有もできるため、資料やパソコン画面を見ながら会議できる。
・インターネット環境があれば、招待URLなどをクリックするだけで簡単に会議参加できる。

便利な機能4.ファイル共有機能

リモートワークの場合は大量のファイルのやりとりが想定されるため、大容量のファイル共有ができるツールもあると便利です。
・クラウド上でファイルやフォルダの共有ができて社内や出張先、リモートワーク先からでもアクセスできる。
・アクセス権の設定等、セキュリティが確保されている。
・PC・タブレット・スマホとデバイスを問わずアクセスできる。

おすすめのコミュニケーションツール1.Slack

・オンラインでチャットができる。
・テキストに加えて絵文字も使え、ファイルのアップもできる。
・米国で開発されたツールだが、日本語対応がある。
・プロジェクトやチーム単位ごとに細かくチャンネルを分けることができる。
基本的に無料で使えるが、過去のやり取り検索の件数を増やしたり、連携サービスの数を増やしたい場合は有料です。

おすすめのコミュニケーションツール2.Skype

・無料で音声通話やビデオ通話ができる。
・インスタントメッセージも可能。
・ユーザー同士であれば無制限で通話可能。(グループにも対応)

おすすめのコミュニケーションツール3.Backlog

・業務全体のタスク管理ができる。
・ファイル共有が可能
・コメント以外に、絵文字やアイコンが使えるのでコミュニケーションが活性化しやすい。
・プロジェクト10人までであれば無料で利用できる。

おすすめのコミュニケーションツール4.チャットワーク

・オンラインで、1対1、1対複数人でのチャットが可能
・国内で開発されたツールのため、日本語対応が基本で、誰にでも使いやすい。
・チャット画面上でタスク管理が可能。
・ファイル共有が可能
・パソコンのマイク・カメラを使うと、ビデオ通話や音声通話ができる。

おすすめのコミュニケーションツール5.Dropbox

・ファイル管理に特化したサービス。
・大容量のファイルを共有でき、業務上のファイルを1カ所に集結できる。

まとめ

リモートワークを支えるのが便利なツールであり、無料で多くの機能が使えるものも多いです。それぞれに特徴があるので、まずは社内でトライアル運用をして使い心地を確かめたうえで、業務内容に合ったツールを複数使い分けましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事