ミニブタにペット保険は必要?保険の補償範囲やメリット・デメリット

ミニブタにペット保険は必要?保険の補償範囲やメリット・デメリット

ミニブタ、マイクロブタを飼っており、ペット保険に加入すべきか迷っている方も多いでしょう。

そこで、ミニブタ・マイクロブタにペット保険は必要なのか、メリットやデメリット、ペット保険の選び方を紹介します。


ミニブタ・マイクロブタのペット保険とは

ペット保険とは、ミニブタ・マイクロブタの高額な医療費を軽減するものです。
人間の保険と同じように、治療を受けるにあたって経済的な悩みや不安を解決できます。

ペット保険は、ミニブタ・マイクロブタの病気や怪我のリスクに備えるための保険です。

ミニブタ・マイクロブタが動物病院で診察や治療を受けた場合や、通院、入院、手術にかかった費用の一定の支払いが補償されます。

費用の一部は保険金として支払われ、医療費7割を補償する内容のペット保険であれば、人間の健康保険制度と同じの医療費負担の軽減ができます。

ペット保険の補償対象は

ミニブタ・マイクロブタのペット保険への加入を検討した際、気になるのは補償範囲です。

補償内容は加入するペット保険によって違いがありますが、基本には、病気やケガの診察、治療です。

健康診断やワクチン接種、妊娠・出産、歯科治療、去勢手術や避妊手術、は対象外になることが多いでしょう。

ミニブタ・マイクロブタをペット保険に加入させるメリットとデメリット

ミニブタ・マイクロブタにペット保険は必要なのか、迷う方も多いです。

そこで、ペット保険のメリットとデメリットを紹介します。

ペット保険のメリット:損害賠償に対応できる保険もある

ペット保険の最大のメリットは、治療費の経済的な負担を軽減できることです。

ほかにも、飼っているミニブタ・マイクロブタが原因で損害賠償責任を負ったときに、保険金で補償される「ペット賠償責任特約」があります。

ペット賠償責任特約は、飼っているミニブタ・マイクロブタが散歩中にほかのペットにケガをさせてた、人に危害を加えた、他人の物を壊したなどのトラブルが起こった時に利用できます。

散歩が日課となっている場合は、想定していないようなトラブルが起こる可能性があります。

そのため、ペット賠償責任特約を利用できると安心です。

ペット保険のデメリット:掛け捨てになる

ペット保険は返戻金や貯蓄はできず、税制控除もありません。

基本的に掛け捨てタイプなので、動物病院に行く機会がなければ支払った保険料が無駄になることもあります。

ペット保険に加入してミニブタ・マイクロブタの健康を守ろう

ペット保険は、家族の一員であるミニブタ・マイクロブタの医療費負担を軽減してくれます。

ペット保険に加入していれば、急な手術や入院でも経済的な不安が小さく、治療に専念できるでしょう。

飼い主さんにとって、経済的にも精神的にも安心材料になります。

しかし、ペット保険は複数あり、加入できる動物や保険料、補償範囲も異なります。

複数のペット保険会社を比較して、飼っているミニブタ・マイクロブタや飼育状況に合うものを選びましょう。

↓↓ペット保険の比較・無料の資料請求はこちらから↓↓


小動物カテゴリの最新記事