契約前にチェックしよう!アパート契約に必要なものとは?

契約前にチェックしよう!アパート契約に必要なものとは?

                                                                  アパート契約時にはある程度まとまったお金や色々な書類が必要になります。慌てないように余裕を持って準備しておきましょう。

アパート選びから契約までの流れ

アパート選びから契約までの流れについて説明します。
1.不動産屋やネットで気になる物件を調べる。
最寄り駅、間取り、家賃などからいくつか候補を決め、家賃の相場などを確認しておく。
2.条件に合う物件を実際に見学する。
室内、建物全体、周辺環境の3つをチェックする。
3.申し込み、契約を行う
敷金、礼金の有無や原状復帰の範囲など、契約内容をしっかり確認しておく。

アパート契約に必要なものとは

一般的に賃貸契約に必要なものについて紹介します。

・初期費用

敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・火災保険料などある程度まとまったお金が必要。合計金額を事前に担当者に確認しておきましょう。

・通帳・銀行印

家賃引き落とし口座の通帳(口座番号)と銀行印が必要。
※自分で振り込む場合は不要

・住民票

一人暮らしをするなら契約者本人の住民票、複数で暮らす場合は入居者全員分の住民票が必要。

・収入証明

源泉徴収や確定申告書、納税書など収入を証明できるものが必要。

・印鑑・印鑑証明

実印が必要。実印登録をしていない場合は、先に実印登録をしてから印鑑証明をとる必要があります。

・連帯保証人関連

連帯保証人の承諾書、住民票、印鑑証明書が必要。直筆署名が必要なため事前準備必須。

審査は?契約に必要な情報は?

審査や契約に必要な情報については以下の通りです。
・本人と入居者の氏名、年齢、住所、電話番号、勤続年数、年収など
・勤務先の情報。社名、住所、電話番号など
・連帯保証人の氏名、年齢、住所、電話番号、勤務先、続柄など

追加で書類などが必要になるケースとは

学生や勤続年数が1年未満の新社会人、転職活動中、フリーランス、自営業など、収入がない、あるいは収入が不安定な人など、追加で書類が必要になるケースについて紹介します。

・新社会人

社会保険証や社員証の代わりに内定通知書の提出が求められる場合があります。また、収入が参考にならない場合は、連帯保証人の収入で判断されることになります。

・フリーランス、自営業、無職の人

連帯保証人の納税証明書や数年分の納税証明書など。自営業の場合、会社の決算書の提出を求められるケースもあります。無職の場合は1年分の賃金を前払いするなどハードルが上がる場合があります。

・学生

合格通知書や学生証の提示が求められます。

事前に準備をしよう

アパート契約には色々な準備が必要になる。何日も前から準備しておかなければならないものもあるため、きちんと準備しておきましょう。

゜・。・★  【公式】ブックオフのネット宅配買取サービス  ★゜・。

    ・゜・。☆ 自宅に居ながら本・CD・DVD・ゲームが売れる ☆・゜・。
  読み終わった本やゲームを箱に詰めて送るだけ!自宅にいながら簡単に本・ゲームが売れます!
     
          お得な買取額UPキャンペーンは随時開催中!


ライフハックカテゴリの最新記事