フレンチブルドッグが一緒に寝たがる理由は?一緒に寝るときの注意点

フレンチブルドッグが一緒に寝たがる理由は?一緒に寝るときの注意点

飼い主さんが寝ている際に、フレンチブルドッグが布団に入ってくることがあります。

なぜ一緒に寝たがるのか、一緒に寝たがる理由や、フレンチブルドッグと一緒に寝る際の注意点を紹介します。

フレンチブルドッグが一緒に寝たがる理由とは

フレンチブルドッグが一緒に寝たがる理由は、全身が包まれる空間に対して安心感をいだくためです。

全方位から狙われる可能性がある場所よりは、飼い主さんと布団に入って一緒に寝ていれば「誰にも襲われない」と本能で感じ、一緒に寝たがることがあります。

加えて、飼い主さんと一緒に寝ることの幸せや、暖かいので気持ちが良いなど、フレンチブルドッグにとって心地良い条件が揃っています。

そのため、フレンチブルドッグが一緒に寝たがるのです。

フレンチブルドッグが一緒に寝たがるけど息が不安

フレンチブルドッグが一緒に寝たがるが、布団の中にもぐりこんでくると「息、できてる?」と不安を覚えることもあるでしょう。

厚みがある布団の場合は隙間ができやすく、息ができなくなるケースは極めてまれです。

なお、一緒に寝るとき用にクッションや愛犬用毛布を用意するのもおすすめです。

>>>Amazonで犬用ブランケットをチェックする

フレンチブルドッグと一緒に寝る際の注意点

フレンチブルドッグが一緒に寝たがる場合、一緒に寝ても問題はありませんが、注意したいポイントがあります。

飼い主さんが寝返りをうった際に、フレンチブルドッグを下敷きにするリスクがあります。

フレンチブルドッグを下敷きにした場合、命を奪ってしまう可能性があるため十分に注意しましょう。

また、フレンチブルドッグのノミやダニのケアをしていないと、一緒に寝ることによって飼い主さんがアレルギーを起こすことがあります。


フレンチブルドッグが一緒に寝たがるときは安全な環境を整えよう

フレンチブルドッグが一緒に寝たがる場合、基本的には一緒に寝てあげると良いでしょう。

愛ブヒが安心でき、飼い主さんも幸せを感じられるはずです。

ただし、自分の体格やフレンチブルドッグの体格を加味し、下敷きにするリスクがある場合には一緒に寝ないようにすることが大切です。

また、ノミやダニのケアも必須だといえます。

フレンチブルドッグが一緒に寝たがる場合で、一緒に寝たいと考えている場合には十分な対策を行いましょう。

⇒⇒【こちらの記事もオススメ】
犬のフィラリアと犬猫のノミダニ予防は必須!予防方法と値段は?

フレンチブルドッグが股間をこする!犬の「チンスリ」「チンコネ」の原因と危険性の有無

犬/猫カテゴリの最新記事