ババリアブルーチーズとは?作り方や美味しい食べ方

ババリアブルーチーズとは?作り方や美味しい食べ方

青カビと白カビが混ざったババリアブルーチーズは、ドイツで作られているチーズの一種です。
歴史は浅く、知名度も高いとはいえないチーズでもあります。

チーズの表面が白カビで覆われており、一見白カビチーズにも見えるチーズです。
しかし、カットすると中からは綺麗な青カビが出現します。

このババリアブルーチーズについて、作り方や美味しい食べ方などを紹介します。

ババリアブルーチーズの作り方と特徴

ババリアブルーチーズの作り方は、生乳と生クリームを混ぜ合わせて青カビを植えた後、表面には白カビを付けます。

熟成させると、先にも挙げた通り表面は白カビ、中には青かびが発生します。
生クリームを混ぜている事によって乳脂肪分が多くなり、滑らかでクリーミーなチーズになります。

青カビが含まれているものの、青カビだけのチーズと比較をすると香りや味にクセが少なく、食べやすい点も魅力です。

フルーツとも合わせやすい

白カビチーズ特有の柔らかさや滑らかさ、クセのない味が特徴です。
加えて青カビチーズの特徴でもある刺激などをそのまま楽しむこともおすすめです。

ゴルゴンゾーラを代表とする青カビチーズと同様に、フルーツと組み合わせるとチーズとフルーツの味を共に引き立てることができます。

使用するフルーツは、ドライフルーツ全般、もしくは多少の酸味があるリンゴなどと合わせると良いでしょう。

国内のババリアブルーチーズ

ババリアブルーチーズは、全世界で需要が上昇しているチーズでもあります。
歴史も浅く、知名度が高いとはいえないチーズです。

しかし、青カビチーズでありながら、他の青カビチーズと比較をするとクセがなく、食べやすい点が魅力です。
ドイツのチーズを生産している場所には、アジア各国から生産や熟成の技術を知りたいと勉強に訪れる人もいるほど注目を集めています。

ババリアブルーチーズは、ドイツだけで生産されているわけではありません。
大手の乳製品メーカーが表に出ているため、知名度は低いものの、日本国内には沢山のチーズ工場が存在しています。

大手の乳製品メーカーとは異なり、小規模なチーズ工場や個人経営の工房では、作り手の特徴が現れるチーズが沢山生産されています。
熟成度合いや柔らかさ、風味なども異なります。

日本産のババリアブルーチーズも、ドイツなどヨーロッパで作られるチーズと比較をしても差がありません。
今後はババリアブルーチーズも知名度を上げ、日本国内でもメジャーなチーズになることでしょう。

国内外のババリアブルーチーズに注目

白カビと青カビを併せ持つ、クセは少ないものの独特な味わいを楽しめるババリアブルーチーズは、日本国内にも広がりつつあります。

輸入量は少ない状態ですが、国内のチーズ工場でも注目されている種類であるため、今後広がりを見せる可能性は高いでしょう。

フルーツを合わせる事でより美味しく食べる事ができます。
そのため、スイーツ店を筆頭に広がりを見せるのではと予想されています。

ドライフルーツを使用したパンやパウンドケーキに添えても美味しく、お洒落に食べる事ができます。
どの様に活用され、広がって行くのか注目をしておきたいチーズでもあります。


フードカテゴリの最新記事