ウィッグもおしゃれにスタイルチェンジ!パーマをかける方法とは?

ウィッグもおしゃれにスタイルチェンジ!パーマをかける方法とは?

                                                                  ウィッグにはさまざまな種類があるものの、自分好みのデザインがない場合もあります。そこで、この記事ではウィッグに自分好みのパーマをかける方法について紹介します。

パーマをかけられるウィッグかチェック

まずは、パーマをかけられるウィッグかどうか確認することが大切です。
・ウィッグにはさまざまな種類があるため、パーマがかけられないものもある
・パーマをかけるためには熱を加える必要があるため、熱に強い素材のウィッグかどうかチェックする
・耐熱ファイバーを使っているウィッグならば、パーマをかけることができる
・非耐熱ファイバーの場合は熱に弱く溶けてしまう可能性があるため、パーマは避ける
・人毛の場合はパーマをかけても問題ないが、毛が傷む原因となるため注意が必要

※人毛のパーマについて
バージンヘア以外の人毛は、うまくパーマがかからなかったりチリチリになったり、最悪、髪の毛が溶ける可能性があるのでパーマNG。
理由としては、製造段階でキューティクルをはがしているので。
ブリーチしたのちにパーマを掛けれないのと同じです。
(バージンヘア以外の人毛は一度ブリーチをしている状態)
上記理由から人毛ミックスもNG
人毛ミックスにバージンヘアが使用されていることがほとんどないためです。
また、人毛用のパーマ剤で人工毛にパーマをかけることができないためというのも挙げられます。

パーマをかける前の基本的なメンテナンス

・ほこりなどの汚れを落とす
・ブラッシングをして絡んでいる毛を整えておく
・こまめにお手入れをして、髪にクセなどがつかないようにしておくといい
・ウィッグの毛の量が多い場合には、適度に量を減らしておくことも有効

ヘアアイロンでパーマをする方法

ウィッグを装着するか、マネキンに装着させてから巻く
1.少量ずつにブロッキングした毛束を、それぞれ細く巻いていく
2.少量の毛束ごとにアイロンを当てることで、均一の温度で巻くことができる(温度が高くなると、巻きが強くなるため)
3.耐熱ファイバーのウィッグは熱が冷めた時にカールがつくため、巻いた状態のままヘアアイロンを抜くことが大切
4.巻いた状態の毛束を手のひらで冷ますと、カールがつく(やけどに注意)

お湯でパーマをする方法【三つ編み編】

1.ウィッグをマネキンに装着し、前髪部分(パーマをかけない部分)をまとめておく
2.ブロッキングした毛束を、それぞれ三つ編みにする
3.三つ編みが細かければ細かいほど、細かいパーマに仕上がる
4.毛先までパーマをかけたい場合は、毛先にカーラーをつけると効果的
5.すべて三つ編みをし終わったら、沸騰したお湯に1分浸ける(パーマをかけない部分は、お湯に浸けなくていい)
6.1分経ったら、湯切りをして冷水に浸ける
7.三つ編みをほどいて乾かせばカールがつく

お湯でパーマをする方法【カーラー編】

1.ウィッグをマネキンに装着し、毛束をブロッキングする
2.ヘアアイロンで巻いたようなカールをつける場合は、毛束を縦にとってカーラーを巻くと効果的
3.コームのとがった部分を使い、毛先から根元までしっかり巻く
4.下部分から上部分へと、順に巻いていく
5.すべて巻き終えたら、沸騰したお湯に1分浸ける
6.1分経ったら、湯切りをして冷水に浸ける
7.カーラーを取り乾かせばカールがつく


ウィッグにかけたパーマの戻す方法

ウィッグにかけたパーマの戻し方を紹介します。

・ヘアアイロンの場合のパーマの戻し方

ストレートアイロンで、パーマを落としてストレートに戻すことができます。
毛の広がりが気になる場合も、ストレートアイロンが効果的。
ただし、ストレートアイロンもウィッグを傷めてしまう可能性があります。また、痛みが激しいウィッグの場合はパサついてしまうこともあるので注意が必要です。

・お湯パーマの場合のパーマの戻し方

・ウィッグをそのまま熱湯に3~5分浸してお湯から上げる
・ブラシやコームでしっかりとかしてストレートにする
・乾かしてまだパーマが残っている場合には、もう一度お湯に浸すと効果的

ウィッグを長持ちさせる方法

・使った後は、ウィッグオイルでブラッシングする
・絡んでいる毛はしっかり整えてから乾燥させる
・定期的に、専用のシャンプーで洗う
・シャンプーの後は、水を張った洗面器に柔軟剤を衣類1着分ほど入れたらウィッグを入れ、1時間から1晩置き洗いすると汚れや匂いが落ちやすい
・水ですすいだら、しっかりと自然乾燥させることが重要
丸めた紙をウィッグの中に入れて形を整えたまま保管するといいでしょう。購入時に入っていたものや新聞紙などを丸めたものが効果的。
しっかりブラッシングをして、ネットでウィッグを包みます。厚紙の上にウィッグを乗せたら密閉できる袋に入れましょう。乾燥した状態で保管すると長持ちしやすいでしょう。

ウィッグでパーマを楽しもう!

気に入っているウィッグならば、自分の髪のようにおしゃれを楽しみたいもの。ときにはパーマアレンジをしてウィッグライフをもっと楽しんでみましょう。

レビュー数約6000件!好きなヘアスタイルを楽しめるロングフルウィッグ

↓購入はコチラ↓

フルウィッグレビュー数1位!クールなボブウィッグ

↓購入はコチラ↓

ファッションカテゴリの最新記事