オーダースーツとは?メリット・デメリットと平均価格

オーダースーツとは?メリット・デメリットと平均価格

自分が気に入っているスーツを着用すると、気分が良くなる、仕事のモチベーションがあがるという人も多いのではないでしょうか。
自分の体型や好みのスーツを一着でも持っておきたいと考えていても、既製品のなかから見つけられないという場合には、オーダースーツを検討する方法が有効です。
そこで、オーダースーツを購入する際に気になるメリットやデメリット、価格の目安について紹介します。

オーダースーツとは?

オーダースーツ最大のメリットは、自分の体型にマッチしたスーツを手に入れられるということです。
既製品の場合はパンツの裾やジャケットの袖が長かったり、肩幅が合わなかったりウエストがきつかったりと、体のどこかのパーツを妥協したり補修したりしなければならないケースが多いでしょう。

オーダースーツであれば、全てのパーツを自分のサイズに適したものに調整できることが魅力です。
自分の体に適したスーツを着用すれば、快適なことはもちろん、見た目もおしゃれに着こなせます。
さらに、体のサイズに適したスーツを着用するだけで、スタイルアップ効果を期待できることが魅力です。

オーダースーツを作る際には細部まで採寸をしなければならないため、時間に余裕がある時に行うようにしましょう。
オーダースーツを注文するために1度寸法を測っておくことで、体型が変わらなければ2着目以降は採寸の必要がなくスムーズに注文できます。

オーダースーツの平均的な価格

オーダーする種類によって異なるものの、1着フルオーダーでスーツを注文した際の平均価格は20~100万円程です。
最も価格が高いフルオーダーは、型紙が存在せず仮縫いをしたものを試着し、サイズをチェックします。

他のオーダー方法と比較すると完成するまでにいくつかの段階を踏まなければならず、その分手間がかかるため価格も高くなることが特徴です。

さらに、選択する記事やカスタマイズの種類によって価格は異なるので、予算に合わせてスタッフに相談するのも良いでしょう。

オーダースーツのメリット・デメリット

オーダーメイドでスーツを作ることには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。それぞれを詳しく紹介します。

メリット

既製品を購入すると、どのスーツも同じようなデザインや雰囲気になることが特徴です。

しかし、オーダースーツを購入すれば自分の体型に適したものであるうえに、自分がこだわってデザインを選ぶためオリジナリティのあるスーツを作成できます。
生地にも様々な種類が存在し、自由に選択できることが魅力です。

デザイン性の高いスーツができるだけではなく、ポケットのサイズも自分が使っている財布やスマートフォンなどに合わせて作れるなど、機能性の高いスーツが手に入ります。

加えて、自分だけのスーツを作成できるので、満足感も得られるでしょう。
オーダースーツは既製品ではなく特注品であるため価格は高くなりますが、それだけの価値はあるといえます。

また、ジャケットと比較してパンツは劣化しやすいため、ジャケットを1着作成するのであればパンツは2本注文したほうが良いでしょう。

デメリット

元々スーツスタイルやファッションに興味がなければ、どのように注文すれば良いのか、カスタマイズすれば良いのか分からず満足できる仕上がりにならない可能性があります。
ファッションに詳しくない場合には、スタッフにスーツを着用する場面や職業を伝えて相談する方法が有効です。
見本を確認させてくれるので、その中から自分好みのものを選び、参考にしたうえでスタッフと相談しながらデザインや機能性を決定しましょう。

まとめ

人それぞれ、好みのスーツは異なります。
似合うスーツをそのまま注文できるオーダースーツは、スーツスタイルを楽しみたい人にとっては非常にメリットが大きいです。
スーツをオーダーする時には、希望だけではなく予算も決めておくことで、スムーズに注文できるでしょう。


ファッションカテゴリの最新記事