理想的な子供部屋の広さと作り方!子どもがのびのび過ごす部屋を作ろう

理想的な子供部屋の広さと作り方!子どもがのびのび過ごす部屋を作ろう

                                                                  子供部屋を作る際、どの程度の広さが良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで、子供部屋の広さと使い方について紹介します。

子供部屋の理想広さは何畳?

子供部屋の広さは利用目的によっても最適な広さが違います。

・4.5畳以下の子供部屋

4.5畳は標準的な大きさのベッドと学習机を置くのにギリギリのスペース。
それ以下の場合は「寝室」として使うか「学習部屋」として使うか絞って使うと良いでしょう。

・6畳の子供部屋

一般的に多い適度な広さのある子供部屋の大きさ。一人で使うには十分な広さがあり、子どもがある程度大きくなっても問題なく使うことができます。

・8畳以上の子供部屋

友達を呼んでもゆとりのある広さ。兄弟で使ったり間仕切りをして使ったりと使い勝手の良い広さです。

子供部屋に必要な家具とレイアウト

子供部屋に必要な家具と部屋を有効に使うためのレイアウトについて紹介します。

・子供部屋に必要な家具

・学習机
・ベッド
・本棚

・子供部屋のレイアウトのポイント

・最初に学習机とベッドの位置を決める
・狭い部屋の場合はロフトベッドやベッド下に収納スペースがあるものを利用する
・兄弟で一つの部屋を使う場合はスペースの有効活用として二段ベッドや三段ベッドも便利。
・狭い子供部屋では寝る部屋と割り切り学習机を置かない。

子供部屋を仕切る方法とは?

ひとつの子ども部屋を仕切って使いたいという場合の仕切り方について紹介します。

・子供部屋を仕切って使いたいケース

・子供部屋がひとつで兄妹がいる場合
・寝る部屋と勉強する部屋を分けたい場合など

・簡単に部屋を仕切る方法

・引き戸で仕切る
・可動式の棚で仕切る
・カーテンで仕切る
・パーテーションで仕切る

独立後の子供部屋活用法

・客間として利用する
・夫婦の寝室として使う
・趣味の部屋として使う
・書斎として使う

柔軟に対応できる部屋を作ろう!

子供部屋の使い方は子どもの成長過程や独立後などで変化するもの。なるべく大型の家具を置くのを控え、ある程度ゆとりをもって柔軟に対応できる部屋にしておくことがポイントです。

゜・。・★  【公式】ブックオフのネット宅配買取サービス  ★゜・。

    ・゜・。☆ 自宅に居ながら本・CD・DVD・ゲームが売れる ☆・゜・。
  読み終わった本やゲームを箱に詰めて送るだけ!自宅にいながら簡単に本・ゲームが売れます!
     
          お得な買取額UPキャンペーンは随時開催中!


ライフハックカテゴリの最新記事