犬におすすめのしつけ教室とは

犬におすすめのしつけ教室とは

                                                                  基本的に、犬のしつけ教室には、数種類のコースが設定されています。
一般的にはホームステイトレーニングと通学タイプのしつけ教室です。

まずはホームステイトレーニングですが,しつけを行いたい場合には有効な方法です。
一般的に1か月ほど犬を預け、長い期間をかけてしつけを行います。毎日繰り返すことで覚えやすく、効率も良い方法です。
特にトイレのしつけは時間が掛かるものであるため、ホームステイトレーニングが効果的なのです。
しつけだけではなく、遊び方や散歩の仕方、運動まで行います。そのため、毎日必ず必要となる散歩を含め、ホームステイ終了後の暮らしが楽にもなります。
様々な経験をさせてあげること社会化にも役立つ方法であり、しつけ以外にもメリットが多い方法であると言えるでしょう。
飼い主のためのしつけ教室も併用することで、ホームステイ終了後も自宅で同様のしつけを行うことも可能です。
1人暮らしであるためにしつけを思うように行えない・社会経験をさせる時間が取れない・成犬になってから問題行動が増えたと悩んでいる方にはおすすめです。


ホームステイトレーニングで気をつけたい事

長期間、愛犬を預けることに不安を覚える方も多いはずです。
ホームステイトレーニングを検討している場合には、しつけ教室のシステムや過ごし方などをしっかりとチェックをしましょう。

まずは、トレーニング以外の時間に犬がどの様に過ごすのかという点。小さな犬舎に数匹を入れるような教室もあります。
衛生的ではない上に、フレンチブルドッグにストレスがかかります。

トレーニング以外の時間は、自由に動けるような施設であるかどうかをチェックしましょう。
飼い主が居ない場所でも、可愛がってくれる人間が傍に居てくれるのかどうかも確認しましょう。教室によっては、トレーナーが犬と共に就寝してくれる所もあります。

また、ホームステイの様子をインターネットから確認出来るサービスを導入している教室も多いのです。
動物病院と提携しているかなど、医療の面も確認が必要です。いつ何が起こるか分かりません。
提携先が決まっていれば、万が一の時にもすぐに対応をしてもらうことが可能です。

しつけの効果だけではなく、犬の事を考えている教室であるかどうかを見極めましょう。
飼い主と離れた犬は不安や寂しさを感じています。一般的にはホームステイ中は会いに行く事が可能であるため、毎日顔を見せてあげるということも必要なのかも知れません。

通学タイプのしつけ教室

犬の幼稚園とも呼ばれている、通うタイプのしつけ教室もあります。日中、愛犬を預けトレーニングを行います。
通うタイプのしつけ教室では送迎付きの場合が多いため1人暮らしの飼い主や忙しくて通うことが難しいという飼い主にもおすすめです。

社会化が出来ていないことが気がかりであったり、留守番が多く寂しい思いをさせていることが気がかりな場合などにも良いでしょう。
また、飼い主と一緒に通えるしつけ教室もあります。
この教室では、あくまでも愛犬は同伴者という扱いとなり、飼い主がトレーナーにしつけの方法を教わるという形です。個人レッスンやグループレッスンなど、様々なコースが用意されています。
年齢によっても分かれていたり、犬種ごとのレッスンが行われることもあります。飼い主同士も仲良くなることによって、しつけが楽しいものへと変わるかも知れません。

様々な事情で通うことが難しい場合、出張タイプのしつけ教室も存在します。
トレーナーが自宅に来てくれるため、慣れた場所でトレーニングを行うことが出来ることが最大の特徴です。
特にしつけでは、自宅でトレーニングを出来ることは非常にメリットであると言えます。飼い始めたばかりの子犬であればスムーズに行えます。

しかし、成犬になってからの問題行動の場合は、トレーナーが居る時に問題行動を起こさなければトレーニングが出来ません。
そのため、時間が掛かり費用がかさむ可能性を視野に入れておきましょう。

しつけ教室ではトレーナーとの相性が大切

愛犬のしつけに関する情報は、変化するものです。教科書の勉強だけではトレーニングが出来るようにはなりません。トレーナーの知識や技術力、会社としてトレーナーの研修などを行っているかどうかも見ましょう。

‘絶対にしつけが上手く行く’と謳っている教室は、少々疑うべきかもしれません。
しつけであれば、長期間のトレーニングでしつけることは可能です。
しかし、問題行動の中にはトレーニングでは改善できないものもあります。
そのため、通常であればすべてのしつけが上手く行くと言い切ることは出来ないのです。トレーナーの質や、トレーナーと自分自身との相性も大切です。大切な家族を預ける人になるかも知れません。
少しでも不信感を持つようであれば、別のしつけ教室を探した方が良いでしょう。

それぞれのしつけ教室の料金は?

広いスペースが必要となるため、土地代も大きく関係し地域によって大きく異なります。

この様なことからも、料金が高ければしつけの効果が高いという訳ではありません。怒鳴らない・根気よく行うなど、犬のトレーニング方法というのは決まっているため、設備費や人件費という事になるのです。

ホームステイトレーニングでは、24時間トレーナーなどが付いていることで通うタイプのしつけ教室よりは料金が高くなる傾向はあります。
一番リーズナブルな料金のしつけ教室はグループしつけとなります。送迎が付くところは少々高くなります。

また、トレイのしつけの為に必要となったトイレシート代を請求されるなどのトラブルも起こっているため、料金や必要な費用はしっかりと確認をしましょう。

まとめ

愛犬のしつけや問題行動に疲れてしまう‘育児ノイローゼ’ならぬ‘飼育ノイローゼ’という症状が見られる飼い主も沢山居ます。
飼い主が疲れてしまえば、犬も同等のストレスを感じてしまいます。そのため、少し距離を置くことで壊れかけている信頼関係を修復するということも有効なのかも知れません。

その場合には、短時間のしつけ教室に通ったり、ホームステイトレーニングに預けるのも良いでしょう。
しつけ教室では、フレンチブルドッグは厳しいしつけをされたりイライラされる訳ではなく、他の犬と遊ぶことも出来るため楽しんでくれるはずです。
しかし、自分自身でストレスを感じることがなく、楽しめているのであれば預ける必要はないでしょう。加えて子犬期のしつけであれば、ホームステイトレーニングなどをさせる必要はないのかも知れませんね。
自分のライフスタイルや、犬の性格に合わせてしつけ方法を決定しましょう。


動物/植物カテゴリの最新記事