代官山IVY PLACEの秘密が暴露された?問題の口コミと事実とは?

代官山IVY PLACEの秘密が暴露された?問題の口コミと事実とは?

朝食時間帯は特に混雑している人気店、代官山にある「IVY PLACE」。
予約しても行きたいカフェだと人気の店ですが、お店の常連客が店の内情を暴露したと話題になっています。
どのような暴露がされたのか、内容を見ていきましょう。

※2021.7時点で公開されている口コミを基に執筆された記事です。公開から時間が経過している場合は、本記事を閲覧時の情報をご確認ください。



IVY PLACE代官山に投稿された問題の口コミとは

10年以上通っている常連で、お店のスタッフさんとも親しいらしい人物が投稿した口コミです。

内容を見る限り、『聞いていた滞在時間よりも短い時間で退店するように言われた』という他の口コミ投稿者に対して言及しつつ、お店の内情を暴露するような内容です。

なお、記事で紹介する口コミ部分は要約されたものです。詳しい内容は参照元をご確認ください。

「ここのスタッフは、人(客)を見ます」
「横柄な態度の客や、ペットを連れた客は嫌ですから」
参照元:https://g.co/kgs/HGvLNr

問題の口コミによると、スタッフが来店したお客を見て横柄な態度の客やペットを連れた客はすぐに帰らせるということです。
つまり、『聞いていた滞在時間よりも短い時間で退店するように言われた』という他の口コミ投稿者が投稿した内容は事実だということですね。

聞いていた滞在時間よりも短い時間で退店するように言われた方は、スタッフにとって気に入らない客だったから早く退店させられたということです。

スタッフが、来店した客の態度を見てお店の滞在時間を決めるというシステムが事実かどうかは不明です。
事実だった場合ですが、他の方の口コミを見る限り、お店は全てのお客の注文は取り、お客が食事を終えた後、早々に帰しているようです。

この方が暴露しているお店の内情が事実なら、どのような基準でお客さんを見て選んでいるのか、どのような権利で滞在時間を決めているのか、気になるところです。

本当にIVY PLACE代官山の常連が投稿しているのかという問題

IVY PLACE代官山の常連だと名乗る人物が投稿した口コミの中には、以下のような内容が含まれています。

「お店の運営に全面的に協力する」
「来たくないなら、二度と来ないで」
参照元:https://g.co/kgs/HGvLNr

いくら常連とはいえ、『運営に全面的に協力する』などということがあるか、あったとしても、わざわざ書くかどうかが疑問です。

また、いつも行くお店の悪い口コミを投稿した見知らぬ人物に対して、『二度と来るな』と強い怒りを覚えること、それを口コミとして投稿することはあるでしょうか?

よほど暇で他に何も考えることがなければ、怒りを覚えることがあるかもしれません。
しかし、働く大人であれば、そこまで考えることはないでしょう。

さらに、常連といっても毎日お店に行くことはないはずです。
つまり、『来ないでね』という表現は不自然とも感じられますね。
見方によっては、お店の関係者が投稿しているようにも見えます。

また、10年通う常連だと名乗っている該当の人物は、他店に対し複数の口コミを投稿しています。
なぜ今まで、IVY PLACE代官山の口コミは投稿しなかったのか疑問です。

それは、自分が関係者だから投稿するのを控えていた、しかし何かがきっかけで投稿したくなったので思わずしてしまったという風にも取れます。

投稿された内容がそもそもIVY PLACE代官山の『口コミ』ではないという問題

口コミだと個人の体験談なので、そんなに参考にはしないですよね。
総合点(星の数)が平均か、平均以上であれば、基本的にはそのお店を利用するでしょう。

口コミとは、
「私はこういう体験をした」
「こう感じた」
「こんなシステムなんだと思うよ」

という予想や、個人の体験談のことです。

しかし、問題の口コミは
「ここのスタッフは人(客)を見て、横柄な態度の客やペットを連れた客はゆっくり食事できないシステムだから、嫌なら来るな!」
と、利用した感想や口コミではないうえに、お店の内情を断言しています。

だからこそ、『本当に客を見て、スタッフが気に入らないとすぐに帰らせるようなことをしている店なのだ』と感じてしまい、問題視する方が多かったのではないでしょうか。


IVY PLACE代官山の口コミに投稿された内情が事実はどうかは不明

IVY PLACE代官山では客を見たうえで、スタッフの判断で客がお店に滞在できる時間を決めているという内情が暴露されました。
しかし、常連が投稿した内容が事実なのか、そもそも本当に常連客なのかも不明です。

口コミを投稿するときには、あくまでも個人の感想や自分自身の体験談に留めなければ、大きなトラブルになることもあるため注意しましょう。

フードカテゴリの最新記事