赤ちゃんのウォーターサーバーは床置きと卓上どっちが良い?

赤ちゃんのウォーターサーバーは床置きと卓上どっちが良い?

                                                                  ウォーターサーバーには卓上と床置きがありますが、赤ちゃんのいる家庭にウォーターサーバーを置く際には、どちらのタイプを選んだ方が良いのかを解説します。

赤ちゃんのウォーターサーバーの条件

・ミルクの調乳に使用できる
→75~85度のお湯が出て、なおかつ水質は軟水
・赤ちゃんの飲料水として利用できる
・チャイルドロックが付いている
→赤ちゃんの力ではコックが動かない
・つかまり立ちしてもいたずらできないもの

卓上式は安全?

卓上式を高い位置に置いて使用すれば、赤ちゃんはいたずらしにくいと考えがち。しかし、つかまり立ちしたり、よじ登ったりし始めると、背の低い卓上式のウォーターサーバーの方が手が届きやすくなります。
背の低い卓上式ウォーターサーバーはしっかり固定しておかないとバランスが悪く倒れやすく、ウォーターサーバー自体には手が届かなくても、台を揺らして落下させたら危険です。

床置き型の事故防止方法

・温水コックにチャイルドロックが付いていることは必須
→確実にチャイルドロックをかけることが大事
・冷水側にもチャイルドロックが付いているといたずらを防止できる
・ウォーターサーバーの周りを柵などで囲むなら、少し離して子供の手では本体に届かないように囲む
・ウォーターサーバーを設置する部屋ごと赤ちゃんが入れないようにしてしまった方が安全
→キッチンの入り口に柵を設けるなど

赤ちゃんがいる過程では卓上より床置き

ウォーターサーバーの選択肢は床置きの方が圧倒的に多く、赤ちゃんに合う水を選びやすいです。
床置きの方がサーバーが転倒したり落下したりする危険性が少なく、しっかりしたチャイルドロックが付いていれば、床置きのウォーターサーバーの方が使い勝手が良いでしょう。

赤ちゃんのウォーターサーバーはクリクラがおすすめな理由

・産院の利用率No.1(2019年1月調べ)
・ミルクの調乳に適しているミネラル分を調整したRO水
・温水は調乳に適した75~85度
→ミルクの温度を冷水で調整可能
・温水側のチャイルドロックは標準仕様、冷水側の地チャイルドロックも申し出れば無料で付けてもらえる
・コストパフォーマンスが良い
→ウォーターサーバーのレンタル、配送料、設置費すべて無料でなおかつ水の料金も安い、解約時に違約金が不要
・停電時でも常温の水を出すことができる
→非常時に赤ちゃんが飲める備蓄水としても重宝する

赤ちゃんのためにはクリクラがおすすめ!

赤ちゃんがいる家庭では、3時間に1回の割合でミルクを作らなければならず、ミルクの時期が終わったら離乳食づくりもしなければなりません。赤ちゃんを待たせずにミルクを作って飲ませられるクリクラの設置を検討しましょう。


ライフハックカテゴリの最新記事