エコキュートの寿命は何年?耐用年数の目安と寿命を伸ばすためのポイント

エコキュートの寿命は何年?耐用年数の目安と寿命を伸ばすためのポイント

                                                                  

エコキュートは、どれほど丁寧に扱っていても必ず寿命を迎え、買い替えが必要になります。一般的にどの程度の期間しようできるものなのか、エコキュートの寿命と耐用年数について見ていきましょう。
また、可能な限り長期間使用するためのポイントについても紹介します。

エコキュートの寿命と耐用年数

エコキュートの寿命と耐用年数は、およそ10~15年が目安です。大きな理由は、メーカーがエコキュートの部品を保管している期間が関わっており、基本的に保存期間は製造終了から10年間程であるためだといえます。
つまり、10年を過ぎると、故障したエコキュートの部品がないため、修理できなくなるのです。

そのため、10年を過ぎてから故障すると、必然的に寿命を迎えてしまいます。また、10~15年程使用しているエコキュートは、ヒートポンプユニットが故障しやすくなるため、10年以上使用するのが難しいともいえるでしょう。
しかし、故障をしない、部品の在庫があるという場合には、15年以上使用できるケースもあります。

・エコキュート貯湯タンクの寿命と耐用年数

エコキュート貯湯タンクの寿命と耐用年数は、およそ10~15年です。電気温水器と同様の構造であり、一般的には長期間使用できるでしょう。
しかし、水質によっては10年未満で買い替えが必要になるケースもあります。

・エコキュートのヒートポンプの寿命と耐用年数

エコキュートのヒートポンプユニットに関しては、寿命と耐用年数はおよそ5~15年と幅があることが特徴です。ヒートポンプユニットは、貯湯タンクと比較して故障しやすく、使用開始から5年以上が経つと故障が目立つようになります。
さらに、使用開始から10年以上が経過している場合には、故障の頻度が多くなるでしょう。

エコキュートの修理や工事費用の目安

エコキュートは、寿命を迎える前に故障の頻度が多くなり、買い替え前に修理をするケースも増えるでしょう。そのため、修理費や工事費についても事前にチェックしておく必要があります。
エコキュートの修理や交換工事の料金目安については、修理・工事が必要な部分ごとに差があることが特徴です。

例えば、ヒートポンプユニットの修理が必要な場合にはおよそ15万円もの費用がかかります。 特に、エラーが表示されたままの状態である、温水が出ないなどの場合は、ヒートポンプユニットを修理しなければならず、費用もかさむでしょう。機器全体を交換する場合には、およそ20~70万円もの費用がかかります。
部分的な修理やパーツの交換ではなく、エコキュート本体の買い替えが必要になれば、工事費と本体の合計で高額な費用がかかるのです。機能性や種類、サイズでも異なりますが、平均するとおよそ30~50万円という例が多いでしょう。

ほかにも、経年劣化により配管を交換する必要がある場合や、何らかのトラブル起こった混合弁を修理する、エラーが表示された部品を交換するなどの、部分的な修理や部品交換はおよそ1~6万円が目安です。
また、修理する部分が保証の対象外であれば、費用は高くなってしまいます。ただし、交換工事を行う際には、別途追加費用が必要なこともある点に注意が必要です。
例えば、フルオートタイプのものへ買い替えるのであれば、配管工事を行わなければならず、当然費用が上乗せされます。加えて、現在使用しているエコキュートを撤去するための費用が工事費に含まれていなければ、別途撤去費用を支払う必要があるのです。

エコキュートの寿命が短くなる原因とは

エコキュートの寿命や耐用年数は、使い方次第で短くなる可能性もあります。どのような使用方法をするとエコキュートの寿命が短くなるのか、3つの原因について見ていきましょう。

・原因その1:水質

エコキュートを使用する地域によって、寿命が短くなる原因になります。特に、地下水や硬水、井戸水や温泉水を使っていると、メーカーでも一般的な寿命の保証をしていないのです。
さらに、水質が原因の故障については無償保証の対象外となるため、特殊な水質の地域でエコキュートを使うのであれば、最初の段階で有料延長保証に加入しておくことも検討する必要があります。



・原因その2:入浴剤

入浴剤を使うことによって、エコキュートの寿命が短くなる原因になります。エコキュートの説明書にも、「入浴剤の使用はしないように」といった注意を記載しているケースもあるのです。
エコキュートの寿命や耐用年数を短くしてしまう原因となる入浴剤の種類は、濁りタイプやアルカリなどを含んでいるものが挙げられます。

ほかにも、薬草などを使用しているもの、ミルク成分などを含むものや炭酸カルシウムを含むものです。エコキュートの寿命耐用年数に影響する可能性が高いため、基本的にはこれらの入浴剤や、成分が分からない入浴剤は入れないようにしましょう。
しかし、使用しているエコキュートの機種やメーカーごとで使用不可としている入浴剤には違いがあります。そのため、入浴剤を使用したい場合には、各家庭のエコキュート説明書をチェックすることが大切です。
また、入浴剤を使う際には、説明書に記載されている使用可能な入浴剤のみを使用しましょう。

・原因その3:寒冷地や塩害地

寒い地域や海の近くなどでは、専用のエコキュート使用しなければなりません。もしも寒冷地や塩害地で通常のエコキュートを使用した場合には、特殊な加工が施されていないため、故障する確率が非常に高くなります。
寒冷地に設置するのであれば寒冷地仕様、塩害地であれば耐塩害使用のエコキュートを設置しましょう。

エコキュートの買い替えを検討すべきサインとは

寿命や耐用年数以外でエコキュートの買い替えのサインといえるのは、お湯の温度が不安定になり一定の温度を保てない、リモコンにエラー表示が出る、給湯できるお湯の量が減少しているといった症状が挙げられます。
これらの現象が見られた場合には買い替えを検討すべきでしょう。

また、耐用年数を超えている上に買い替えのサインが見られるのであれば、可能な限り早く業者に依頼し、原因の特定、修理や買い替えの相談も同時に行うことが大切です。買い替えのサインが現れているにも関わらず無理矢理使用していても、寿命が延びるわけではなく、状態が良くなるわけでもありません。
突然壊れたり、最悪の場合は事故につながる可能性もあるため、早めに専門業者へ点検と買い替えの相談をすべきだといえるでしょう。

エコキュートを買い替える場合の費用の目安

エコキュートを買い替える際の費用目安は、エコキュート本体がおよそ20万円、処分費込みの取り替え工事費用はおよそ10万円となり、合計でおよそ30万円が費用の目安となります。
また、エコキュートのタイプとしてはフルオートタイプ・セミオートタイプ・給油専用タイプ・多機能タイプの4つに分けられ、容量やタイプごとに費用の目安も異なることが特徴です。
高機能であり、容量が大きいものであれば価格も上がります。

さらに、現在使用しているエコキュートと比較して高機能のタイプを選択した際には、新しく配管を設置しなければならないケースも多いです。配管を設置する必要がある場合には工事費用も上乗せされることを念頭に、検討しましょう。

・メーカーごとの比較

エコキュートは、メーカーの製品ごとに価格が異なりることが特徴です。5つのメーカーから発売されている、フルオート・タンク容量370L~460Lのエコキュートについて、人気の高い種類のものを比較してみます。

・日立:161,500円
・三菱電機:158,303円
・ダイキン:222,600円
・Panasonic:201,096円
・コロナ:204,120円
メーカーによって差はあるものの、人気の種類は15~20万円程が目安です。

エコキュートの寿命が来たら買い替えを検討しよう

エコキュートは、長期間使用していれば必ず寿命がくるものです。そのため、故障が続いていたり不具合が見られたりする場合には、買い替えを検討しましょう。



ライフハックカテゴリの最新記事