除毛クリームの使い方と選び方。副作用への対処法

除毛クリームの使い方と選び方。副作用への対処法

                                                                  デリケートゾーンの自己処理は、綺麗に処理ができなかったり、面倒であったりとデメリットが多いと感じる人も多いのではないでしょうか。そのため、除毛クリームの使用を検討するケースもあるでしょう。

しかし、除毛クリームは、使用方法を誤ると肌荒れを起こしてしまうなど、病院を受診しなければならない場合もあります。デリケートゾーンに除毛クリームを使用する場合の注意点と、脚や腕などに使用する時とは異なる、選び方のポイントを紹介します。

除毛クリームの特徴と選び方

除毛クリームは、インターネット通販やドラッグストアでも手軽に購入できる点が魅力です。除毛クリームとは、ムダ毛に塗って毛を溶かすものであり、主に「チオグリコール酸カルシウム」と呼ばれる毛を溶かす成分が配合されています。デリケートゾーンをカミソリやシェーバーで自己処理した場合は、肌の表面から出ているムダ毛を処理するため、毛根に残っている毛が生えてくることが特徴です。しかし、除毛クリームは毛穴の奥まで浸透し、毛根に毛を残さず除毛できることで、自己処理の間隔も短くなります。

また、自己処理ではカットされた毛先が鋭くなるため、触れると違和感を覚えることがデメリットです。除毛クリームであれば、生えてきたムダ毛の断面は丸みがあり、触れても違和感がありません。市販されている除毛クリームは種類も豊富で、どの商品がよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。
除毛クリームの選び方として「デリケートゾーンに使える」としているものを選ぶことが重要なポイントとなります。デリケートゾーン専用と明記されていない除毛クリームは、脚や腕に使用する商品として作られているため、デリケートゾーンには使用できないケースが多いです。

さらに、デリケートゾーンは、脇や脚、腕などと比較をして皮膚が薄いため、肌にやさしい成分が入っているかも確認します。デリケートゾーンに使用する除毛クリームは、品質を重視し、安値でからという理由だけで購入しないようにします。肌にやさしい成分として、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容・保湿成分が含まれている除毛クリームがよいでしょう。加えて、除毛クリームのテクスチャーは、液垂れしにくいクリームタイプが最適です。
液垂れしやすいテクスチャーでは、薬剤が浸透する前に流れてしまったり、ioライン入ってしまったりと、除毛効果を得られないばかりか肌荒れを起こす可能性もあります。液垂れによって薬剤の浸透にムラが出ると、除毛はできても綺麗に仕上がりません。

デリケートゾーンは自分で見にくいため、肌に塗れていることを感触で確かめられる点でも、液垂れしにくいクリームタイプが有効であるといえます。

除毛クリームを使う際の準備

除毛クリームを使用する前に、デリケートゾーンのムダ毛を短くカットしておきます。肌にダメージを与えないよう、カミソリやシェーバーは使用せず、ハサミを使用しましょう。次に、デリケートゾーンを石けんで洗い清潔にして、しっかりと水気を拭き取って乾燥させます。

デリケートゾーンとムダ毛が濡れていると、薬剤の浸透を妨げてしまい、効果が実感できなくなるため注意が必要です。乾いていることが確認できたら、デリケートゾーンとムダ毛に除毛クリームを塗ります。除毛クリームの薬剤はムダ毛だけではなく毛穴に入るため、毛穴がひらきやすい入浴後に使用すると、より効果的です。

また、鏡を使用して、見にくい箇所も確認しながら除毛クリームを塗りましょう。塗り終えたら、指定時間放置して洗い流します。長時間放置してしまうと肌トラブルの原因にもなるため、説明書を確認して時間を守ることも大切です。

最後はティッシュで除毛クリームとムダ毛を拭き取り、シャワーで洗い流します。拭き取らずに流してしまうと、ムダ毛が除去しきれずに残るため、必ずティッシュや柔らかいタオルなどで拭き取ることがポイントです。除毛クリームが肌に残っていると、肌荒れを起こす可能性が高いため、強くこすないように注意しながらしっかりと洗い流しましょう。

シャワーで流した後にムダ毛が残ってることもありますが、除毛クリームが浸透しているため自然に抜けます。シャワーで流し、除毛が完了した後は、保湿ケアを行わなければなりません。除毛クリームで処理をした後の肌は、非常に敏感になります。

ローションや保湿クリームで、水分の蒸発や外部刺激から肌を守ることが非常に大切です。

除毛クリームを使う場合の注意点

除毛クリームを使用する箇所はvラインのみで、ioラインには使用しないことが大切です。多くの除毛クリームは、vラインは使用可能であってもioラインには使用できないとしています。ioラインは粘膜の近くにあり、非常に敏感な場所でもあるためです。

また、注意をして使用した場合でも、ioラインは目視しにくく、除毛クリームが粘膜に付着する恐れもあります。粘膜の肌荒れを起こすリスクがあり、危険なため、使用箇所は守りましょう。



除毛クリームは、ムダ毛だけではなく皮膚のタンパク質も溶かす成分が入っているため、敏感肌の人は肌荒れを起こすリスクがあります。除毛クリームを使用する際の注意点として、必ずパッチテストを行い、使用後はしっかりと洗い流すことが大切です。

パッチテストとは、自分の体質に合わない成分や薬剤が含まれていなかを確認する作業となります。パッチテストを行わずに除毛クリームを使用し、万が一自分の体質に合わない成分が含まれていた場合、アレルギーや炎症を引き起こす可能性があるのです。

肌荒れを起こしてから後悔するのではなく、面倒であってもパッチテストをしましょう。パッチテストの方法は、腕の内側など柔らかい箇所に除毛クリームを塗り、既定の放置時間が過ぎたら洗い流し、24時間後の変化を見ます。除毛クリームを塗った箇所に痛みがあったり、かゆかったりという症状が出た場合、使用は控えなければなりません。

除毛クリームの副作用

除毛クリームを使用した際に肌荒れが起こる主な原因は、除毛クリームに含まれる「チオグリコール酸カルシウム」が原因です。ほかにも、チオグリコール酸カルシウムの成分を活性化するための水酸化カルシウムや、薬剤のニオイを軽減するための香料といったさまざまな成分が配合されています。

肌の表面にある角質層は、肌が本来持っている水分が蒸発しないようにふたをしたり、外部刺激から肌を守ったりというバリア機能を果たしているのです。

除毛クリームのさまざまな薬剤によって角質層に負担がかかり、バリア機能が低下すると、肌に細菌が侵入しやすくなる、摩擦などの刺激を受ける、肌が乾燥するなどの症状が出ます。そのため、炎症やかぶれなどの肌荒れが起こるというメカニズムです。

除毛クリームを使用中にデリケートゾーンが肌荒れしていると感じた場合、すぐに使用を中止してきれいに洗い流します。

除毛クリームを使用した後に肌が荒れてしまった場合、4つのケア方法を実践しましょう。1つ目は、肌に赤みがあり、少し痛みを感じる状態であれば、肌を冷やして様子を見ます。軽度の炎症を起こしている場合、冷やすことで炎症を鎮めることが可能です。

2つ目に、かゆみがある時には、薬剤の刺激で肌が乾燥している可能性が高いため、保湿をします。乳液やローションなど、保湿性にすぐれたものを使用しましょう。肌の水分が蒸発することを防ぐと、乾燥による肌荒れの悪化も防げます。



3つ目に、肌を冷やしたり保湿を行っても肌荒れが改善しない場合に、市販薬を使用する方法が有効です。薬剤師がいるドラッグストアで、除毛クリームによる肌荒れを相談し、症状に合うものを選んでもらいます。

4つ目に、痛みが強く、肌荒れが改善されない場合、皮膚科を受診する方法です。除毛クリームの薬剤によってアレルギーを起こしている場合もあるため、除毛クリームを持っていくことも忘れないようにしましょう。

脱毛するならサロンがおすすめ

vioラインのムダ毛をしっかりと安全に脱毛したいのであれば、サロンで脱毛する方法が有効です。除毛クリームではioラインの処理ができませんが、サロンであればioラインも脱毛できます。

また、除毛クリームで定期的にデリケートゾーンのムダ毛処理をすることは、手間がかかるものです。しかし、サロンでプロに任せれば、一定期間サロンへ通うだけで、自己処理しにくいioラインも脱毛できます。

カミソリやシェーバーでムダ毛を処理する場合、毛根にムダ毛が残るため、すぐに生えてきてしまいます。自己処理方法の中でも、より綺麗に処理したいのであれば、除毛クリームを使用することは有効です。

しかし、デリケートゾーンに除毛クリームがついてしまうと肌荒れを起こすため、vゾーンのみにとどめなければなりません。そのため、ioラインが気になる場合は、サロンでプロの施術を受けましょう。
ムダ毛&スキンケア同時に叶える



美容/健康カテゴリの最新記事