テレワークで優秀な人材を募集できる!導入のメリットは?

テレワークで優秀な人材を募集できる!導入のメリットは?

                                                                  テレワークを導入する流れやポイント、得られるメリットには優秀な人材を国内・国外で募集できるなどがあります。導入のメリットと広がりを見せる背景について詳しく見ていきましょう。

テレワークの意味

・「オフィスから離れて働く」のが語源とされている。
・国で定義しているのは、情報通信技術(ICT)の活用で場所や時間などを有効活用する柔軟性のある働き方である。

テレワークが広がる背景

・少子高齢化が進むなかで、将来を見据えた多様な働き方が推奨されている。
・環境を整備することで働く人が自分に合った働き方を選択でき、生産性が向上することが期待されている。

テレワークが向いている企業はあるのか

・外勤の多い職種や事務職、企画・調査などの自己完結型の職種などが向いていると考えられる。
・通信などのIT機器を活用すれば、さらに多くの企業がテレワークを導入することが可能になると見られている。

テレワーク導入の主流れ

・経営者が導入の目的・方針を立てる。
・具体的なルール作りや研修を行う。
・試行導入期間を設ける。
・課題を洗い出し、解決してから本格的にテレワークを導入する。

テレワーク導入のポイント

・テレワーク導入にあたり、経営者は企業としての明確な目的を社員に伝え活用を促す。
・中小企業は社員に経営者の意向が伝わりやすく浸透しやすい。
また、テレワークの形態を目的に合ったものにします。たとえば、在宅勤務、場所を選ばないモバイル勤務など企業に合った形にするなどです。
テレワークをサポートするための、さまざまなシステムを導入する。通信システムや制度の整備などを進めましょう。

テレワーク導入で人手不足が解消する?

・テレワークなら、通勤できない子育てや介護中の人も自宅などで働くことができる。
・多くの人材が仕事を始めることが可能になり、企業への応募も増える。

災害時にも業務が停止することがない

・テレワークは災害時にもリスクが分散されるメリットがある。
・社員が1カ所のオフィスに全員集まらないので、地震などの災害時にもすべての業務が滞ることがない。

時間を効率的に使えて生産性がアップ

・通勤時間がなくなることで大きな時間の無駄がなくなり、生産性が上がる。
・テレビ会議などの方法を活用すれば、会議の場所へ移動する時間も必要ない。

テレワーク導入で優秀な人材を確保できる

・少ない専門性を持った優秀な人材を、地方や国内外から広く募集できる。
・優秀で経験豊富なリーダーを採用できる機会が増えるので、企業の業績アップへもつながる可能性がある。
テレワーク導入には多くのメリットがあり、なかでも優秀な人材を国内外から募集できるので、企業の業績にも反映するでしょう。

優秀な人材を探せる!クラウドソーシング

信頼できるクラウドソーシングサイト【Bizseek】
↓詳細チェック&無料登録は公式サイトから↓



日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」
↓詳細チェック&無料登録は公式サイトから↓


ユーザーがスキルを出品しているサービス
↓詳細チェック&無料登録は公式サイトから↓



いずれのサイトも、本人確認をすれば仕事を開始できるシステムです。仕事を受注する人だけではなく、発注する側も本人確認が必要です。
つまり、1度悪質な行為で退会処分などになった発注者は、再度別のメールアドレスや名前を使っても登録できません。安心して仕事できる理由の1つですね。

本人確認は危険じゃない!無料登録の後は本人確認を済ませてしまおう

本人確認とは、電話番号を使って本人確認をすることです。電話番号を入力するとショートメールが届いたり、指定された番号へ入力した電話番号の携帯電話から電話をかけるだけで完了。
確認方法はサイトによって異なりますが、電話番号や身分証明書の名前の部分だけを撮影して送信(住所などは手で隠したり撮影しなかったりしてもOK)するだけです。

悪用されることは基本的にないといえます。
当サイト編集者もいくつかのサイトに登録して、すべて本人確認まで済ませていますが、5年間で個人情報を悪用されたと思われるトラブルに巻き込まれたことはありません。
割の良い仕事を見つけたらすぐに取り組めるよう、会員登録の後はそのまま本人確認を済ませてしまうことがおすすめです。

ビジネスカテゴリの最新記事