話題のお店で働く3つのメリットを紹介!デメリットと注意点も確認しよう

話題のお店で働く3つのメリットを紹介!デメリットと注意点も確認しよう

                                                                  飲食業界へ就職や転職をしたい人や、アルバイトやパートとして飲食店で働きたい場合は、テレビや雑誌、SNSで話題のお店で働きたいと考える人も多いのではないでしょうか。そこで、話題の店で働くことのメリットとデメリットについて詳しく紹介します。紹介する内容をもとに、話題のお店や飲食業界で働くことの魅力について確認しましょう。

話題の店で働くメリットその1:話題のお店のまかないを食べられる

話題のお店で働く最大のメリットとしては、まかないを食べられることが挙げられます。まかないとは、勤務しているスタッフが休憩中に食べる食事です。話題の店や自分の好きな飲食店で出されるまかないであれば、自分好みの食事を無料や割引価格で食べられるので、働く楽しみの1つになるでしょう。
ただし、話題のお店を含め、飲食店全てでまかないが用意されるわけではない点に注意が必要です。まかないが用意されるかどうかは求人情報の募集要項に記載されているため、まかないを食べられるかどうかを重要視したいという場合には詳細をチェックしましょう。

話題のお店で働くメリットその2:コミュニケーションスキルが上がる

店舗の規模によって若干異なりますが、話題のお店で働く場合、接客に関する基本的なマニュアルが用意されており、マニュアルに沿って対応をします。しかし、マニュアルに特筆されていない事態が起こるケースも多く、自分で臨機応変に対応しなければなりません。
例えば、お客さんからクレームを受けてしまった場合、対応方法によってはより大きなクレームにつながったり、反対にお客さんの怒りが収まったりするなどです。
マニュアルに書かれていないことが起こっても自分で判断してお客さんに対応することで、コミュニケーションスキルが身に付きます。飲食店だけではなく様々な職種で役立つスキルが身につくことは、大きなメリットといえるでしょう。

話題のお店で働くメリットその3:料理や盛り付けテクニックを学べる

話題のお店では、食材をおしゃれに盛り付ける工夫をしているケースが非常に多いです。そのため、キッチンで働くことになれば料理のスキルが上がるでしょう。また、ホールといった調理には関わらない場所に配置された場合でも、料理を運んだりメニューを把握したりするため、おしゃれで可愛い盛り付け、オリジナリティのある盛り付けのテクニックを自然と学べます。
自宅で作る料理と料理人が作る料理の違いは、味だけではなく見た目も挙げられます。どれほどおいしい食材であっても適当にお皿に盛り付けただけで見た目が工夫されていなければ、料理の魅力が伝わりません。しかし、家庭で作る場合は仕事や家事が忙しく、食器を選んだり盛り付けを工夫したりといったことを自分で考えるのは難しいといえるでしょう。
飲食店では料理や食材が美味しく見えるように、また、話題性を重視してオリジナリティのある盛り付けになるよう工夫しています。話題のお店で働きながら料理や盛り付けを覚えて、自宅で料理をする際にも取り入れることによって、普段の食事も楽しめることがメリットです。

話題のお店で働くデメリットとは

話題のお店は非常に混雑するので、仕事に慣れるまでは大変な思いや嫌な思いをすることもあります。話題のお店に限らず、飲食店はランチタイム、ディナータイムといった営業時間帯のなかでも忙しいピークタイムがあることが特徴です。
ピークタイムには先輩スタッフから仕事を丁寧に教えてもらうのが難しかったり、採用された時点でスタッフの人数が足りなければ十分な研修を受けないままピークタイムに働かなければならなかったりすることもあります。
オーダーを聞き間違えたり提供までに時間がかかったり、初めて接客業をする場合には、お客さんとのコミュニケーション方法が分からなかったりすることも珍しくありません。問題が大きければ、先輩スタッフや店長、お客さんから叱責される可能性もあります。
しかし、仕事に慣れればお客さんとのコミュニケーションも楽しめるようになり、仕事のスキルが上がるので、多少忙しかったとしてもスマートに対応できるようになるでしょう。

話題のお店で働くことはメリットの方が多い

話題のお店を含め、飲食店で働く際にはメリットだけではなくデメリットがありますが、働くことのモチベーションが上回ることでデメリットを解消できる可能性が高いです。
働き始めたばかりの段階では辛い思いをしたり大変だと感じたりすることも多いでしょう。しかし、お客さんから笑顔で声をかけてもらえたり、美味しいまかないを食べれたり、話題のお店で働けていることに喜びを感じられたりすることで、辛い思いや大変な思いをしても乗り越えられるうえに、仕事の疲れも忘れられるものです。
雑誌やテレビ、SNSで話題のお店はお客さんの数が非常に多いため、求人数や採用人数も多い傾向にあります。そのため、気になるお店や自分が実際に働いてみたいと思う話題のお店の仕事内容や募集要項の詳細をチェックし、積極的に応募してみましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事