行政書士の年収や収入アップの方法

行政書士の年収や収入アップの方法

                                                                 独立開業が目的とされる行政書士は高収入が得られるのか、平均年収を紹介するとともに収入アップの方法を解説します。

行政書士の平均年収

・平均年収は約600万円
・地域や専門分野などによって収入差がある

行政書士の報酬について

・行政書士の業務は幅広く、それぞれに報酬が異なる
・報酬は各自自由に設定できる
・建設業許可申請(個人・新規)知事:約11万8000円
・会社設立手続:約10万2000円
・遺言書の起案及び作成指導:約5万7000円など

稼ぐために必要な3つの能力

【その1:営業をして集客する】
・ホームページやブログ、SNSなどを活用
・地元新聞への売り込み 

【その2:コミュニケーション能力】
・顧客の信頼を得る→口コミで評判が広まる
・ほかの行政書士事務所や行政書士会からの仕事の紹介が期待できる

【その3:専門分野を持つ】
・ほかの事務所との差別化が図れる
・業務内容によって報酬が異なる 

行政書士として稼ぐには努力が必須

行政書士の資格を持っていても即収入につながるわけではありません。営業したり専門分野の知識を磨いたりの努力が必要です。工夫と頑張り次第では高収入が狙えるでしょう。


ビジネスカテゴリの最新記事