屋根・外壁塗装に関するトラブル

屋根・外壁塗装に関するトラブル

                                                                  外壁塗装や屋根の塗装は、リフォームのなかでもトラブルが起こりやすい施工の1つです。理由としては、施工費用の相場が明確ではないことや、塗装を依頼する人にとっても一生に数回しか外壁や屋根の塗装を行うことはないため経験が少なく、判断基準が明確でないことで価格の相場やクオリティが分かりにくいことが挙げられます。

しかし、屋根や外壁塗装に関するトラブル事例を確認しておくことによって、依頼前にトラブルを避けることにもつながるでしょう。そこで、外壁・屋根塗装の際に起こったトラブルの実例を紹介します。

屋根や外壁以外の部分に塗料が付着する

 
飛散防止シートをしっかりとつけていなかったために、穴が開いていたり隙間が空いていたりする場合、塗料が周辺に飛び散ってしまう可能性があります。

さらに、スプレーではなくローラーを使用するため飛散防止シートを設置しなくても良いと考える業者も多く、塗料が屋根や外壁以外の部分に付着するといったトラブルが発生します。ローラーを使用する場合であっても必ず飛散防止シートを使用しなければならないことは、依頼者も認識しておきましょう。

高額請求や追加請求をされた

 
一般的な外壁塗料の費用の目安を知らない人が多いため、見積もり金額よりも高額な費用を請求する業者は少なくありません。

さらに、屋根や外壁塗装を依頼する人は友人や知人など周囲の人間に相談せずに契約することも多いため、施工が終わった後に高額請求であったことに気づくケースもあります。

高額請求や追加請求をする業者は、ほとんどが訪問営業を行っていることが特徴です。契約を結んだとしても、訪問営業をしてきた担当者が施工するのではなく下請け業者である塗装業者へ発注をするため、余計な中間マージンとして費用を請求されてしまいます。

訪問営業の場合は、自宅の周辺を見て回っていたり古い築年数の経過した建物に引っ越した人物をターゲットとしたりするため、屋根や外壁塗装に関する知識がない人に不安をあおり、その場で契約するように促します。

屋根や外壁を依頼する際には、訪問業者と契約をしないことが重要です。また、優良な塗装業者は基本的に訪問販売を行いません。優良業者であれば評判が広まり、一定のお客さんを確保できるため集客に困っているケースは少ないためです。

また、追加請求は多くの施工で発生しないものだと認識しておきましょう。高額請求や追加請求などのトラブルを避ける方法は、いくつかの塗装業者から見積もりを依頼することです。

複数の業者の見積もりを比較するだけでおおよその費用の目安が分かるようになります。見積もりは一括見積もりサービスなどを行っている会社を利用することで予防可能です。

様々な業者からの見積もりを比較できるため、最も費用が安い所に依頼できる点以外にも、一括見積もりサービスの加盟店であれば悪質な業者は存在しないこと、営業電話などがないため煩わしさがないことなどメリットも沢山あります。

一括見積もりサービスは悪質な業者や訪問業者などが登録できないため、屋根や外壁の塗装を検討している場合には見積もりだけでも依頼してみると良いでしょう。

屋根や外壁塗装のトラブルは簡単に回避できる

屋根や外壁塗装時に、塗料が飛散したり高額請求を受けたりといったトラブルは少なくありません。しかし、簡単なポイントを押さえるだけで簡単に回避できます。

しっかりと経営をしている優良業者に依頼することでトラブルを起こさずに屋根や外壁の塗装を行えるでしょう。

優良塗装業者に依頼する際には一括見積もりサービスを利用する方法が有効です。一括見積もりサービスに加盟するためには厳しい審査を通過する必要があり、悪質な業者は審査を通過できないうえに、万が一悪質業者がいたとしても利用者からのクレームが入れば除外されるためです。

さらに、依頼をした業者に問題があれば一括見積もりサービス会社が代行して塗装業者に対し断りを入れてくれるため、トラブルを避けるだけではなく気軽に見積もりを依頼できることも魅力だといえるでしょう。
外壁塗装を無料で一括見積もりするならこちら



ライフハックカテゴリの最新記事