トイレの買い替えや寿命について

トイレの買い替えや寿命について

                                                                  トイレの買い替えについて、タイミングや費用を確認しておきたいと考える人も少なくないでしょう。そこで、トイレの寿命や、買い替えのタイミング、費用について紹介します。

トイレの買い替えのタイミング

一般的に「トイレは買い換える必要がない」と考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、トイレにも寿命があり、便器については陶器製であればひび割れが起こらない限り使用を続けられるため、耐用年数だけで表現すると100年以上となるでしょう。ただし、便器以外の部分、タンク内などに使用されている部品については10年ほど、部品配管や部品のパッキンについては20年ほどが寿命であるといわれています。そのため、一定期間使用している場合には買い替えを検討する必要があるのです。
トイレの買い替えをするタイミングとしては、水回りのリフォームを行う際や、タンクの中に使用されている部品の寿命である10年を目安に行うことが効率的でしょう。陶器製の便器が使用できるのにも関わらず、トイレの買い替えが必要なのかと疑問に感じる人も多いでしょう。トイレは、何十年という期間使用し続けると、傷つきやすくなったり汚れやすくなったりするため、黄ばみや傷が目立ちやすくなり、掃除がしにくくなるといったデメリットもあります。トイレが故障していない状態で買い替えを検討することも珍しいことではなく、新しい機能のものに買い換えたい、使いにくいなどさまざまな理由で買い替えるケースも多いです。

トイレの「お知らせランプ」

トイレを長時間使用していると、温水洗浄便座の本体が点滅するタイプのものも存在します。トイレの買い替え時期の目安をお知らせしてくれる機能は、使用開始からおよそ10年が経過した段階で、温水洗浄便座本体の表示ランプが点灯もしくは点滅することが特徴です。ランプが点滅することによって、買い替えのタイミングが近づいていることを知らせてくれます。温水洗浄便座の「お知らせ」が点灯するタイプでも、お知らせ機能に関する電気代がかかることはありません。点検ランプが点灯した際には、自主的に点検をする方法が有効です。

トイレの交換目安となる症状

トイレのお知らせするランプが点灯したとしても、故障していなければ継続して使用できます。しかし、長期間使用していることに変わりはなく、内部の部品の経年劣化も懸念されるためです。トイレを安心して使用するためにも、点検員にメンテナンスを依頼し、分解したうえで漏電チェックや内部の部品の確認などを行うことも検討する必要があるでしょう。また、温水洗浄便座の本体が点滅するタイプ以外のトイレであっても、トイレの買い替え時期の目安になる症状があるのです。買い替えの目安となる、主に3つの症状について詳しく紹介します。

・トイレの便座が故障したとき

トイレを買い換える時期の目安として、便器や温水洗浄便座が故障してしまうというケースが挙げられます。便器の中に物を落としてしまい便器が割れてしまった場合や、ひび割れてしまった場合は、水漏れのリスクがあるため可能な限り早く取り替える必要があるでしょう。さらに、温水洗浄便座から異音がするなどのケースでは、すでに内部が故障している可能性がある、もしくは現在故障していなくてもいずれ故障する可能性が非常に高いため、買い替えを検討したほうがよいといえます。

・トイレの交換は老朽化したタイミング

トイレを長時間使用しており老朽化している場合も、買い替えのタイミングに適しています。トイレが老朽化すると水漏れやつまりなどのトラブルが頻発し、修理費用がかさむ可能性が高いです。さらに、故障が頻発すれば使用するうえで非常に不便なため、修理費用と不便さを加味し、老朽化を実感している場合には買い替えたほうがよいでしょう。

・使いにくいときにも買い替えよう

トイレを買い換える時期は、故障した際や老朽化だけではなく、使用するなかで使いにくいと感じる場面が多かったり高機能のトイレを利用したかったりといった場合も挙げられます。長期間使用しており汚れがこびりつきやすくなると、掃除がしにくくなるなどのデメリット増えるでしょう。トイレの使いにくさや不便さなどを実感する回数が増え、生活生活寿命を迎えたと感じたときにも、トイレの買い替えの時期時期に適しているといえます。


トイレが故障した状態で使うデメリット

トイレを買い換えずに、経年劣化した状態や生活寿命を迎えた状態でも、故障しなければ使用し続けることは可能です。しかし、劣化した状態で長期間使用を続ければ、さまざまなトラブルが懸念されます。
まず、トイレを安全に使用できなくなる可能性があるでしょう。便器が割れてしまったり、ひびが入っていたりする場合、怪我の恐れもあるため注意が必要です。トイレそのものの機能として使用できたとしても、安全には使用できない状態となります。
さらに、故障の頻度が増えると修理費用がかかることもデメリットです。また、非常に古い形式のトイレであれば、故障した際にメーカーにも部品の在庫がないといったトラブルが起こり、修理すらできなくなる可能性もあります。そのため、数十年が経過しているトイレの場合には、故障する前に買い替えを検討したほうが効率的だといえるでしょう。

トイレの特徴をチェックしよう

トイレを選ぶ際には、最初にトイレの種類とそれぞれの特徴から確認しておきましょう。トイレの種類は、大きく分けるとタンク一体型、タンクレス、組み合わせ型の3種類です。トイレ本体の価格を抑えたい場合には、リーズナブルでありタンク、便器、便座をカスタマイズすることが可能な組み合わせ型トイレが適しています。タンク一体型のシンプルな構造のため、掃除をしやすいことが大きなメリットです。また、デザイン性が高いことが特徴だといえます。タンクレストイレは、その名の通りタンクがないトイレのため、トイレの空間を広く見せる効果が期待できるでしょう。トイレ本体の掃除だけではなく、収納棚や壁などの掃除がしやすくなります。

ただし、排水方式にごとに選択できる製品が異なる点に注意が必要です。トイレの排水方式ことで選択できる製品も異なるため、トイレの種類を確認するのと同時に、自宅のトイレが壁排水か床排水かをチェックしなければなりません。基本的にマンションは壁排水、戸建てのトイレは床排水となっているケースが多いものの、場合によってはマンションであっても床排水のため、実際に製品を決める前にチェックする必要があります。

トイレの種類

トイレを買い換える際に選択したい商品として、掃除がしやすくメリットが多いアクアセラミックの製品が挙げられます。INAX 独自の新素材であるアクアセラミックを使用したトイレであり、アクアセラミックは水垢がこびりつくことを予防するため、汚れがつきにくい素材という点が特徴です。アクアセラミックトイレの種類は、タンクレストイレ、タンク付きトイレ、キャビネット付きトイレの3種類があります。

アクアセラミックのタンクレストイレはシンプルなデザインが特徴であり、機能性が高いことが魅力です。タンク付きトイレはトイレ内の空間をカジュアルに見せる効果が期待できるタイプであり、デザインにこだわって作られています。タンク付きトイレにはいくつかのモデルがあり、さまざまな機能を搭載したものは特に人気が高いです。キャビネット付きトイレは交換をスムーズに行えることが特徴であり、トイレ内の空間を広々と見せる効果が期待できます。

トイレの買い替え費用

トイレの買い替え費用は、アクアセラミックの場合で約19万円~55万円、取り付け工事費と既存トイレの処分費が別途必要です。トイレの交換工事費は約2万円以上、既存トイレの処分費は 約3000円~8000円が目安となります。しかし、製品や住宅の条件などによって変動する可能性があるため、あくまでも目安として認識しておきましょう。

トイレの交換は業者に依頼しよう

トイレの買い替え時期は、故障したときだけとは限りません。トイレそのものの寿命や生活寿命を迎えた際には、安全・快適に使い続けるためにも買い替えを検討する必要があるでしょう。
トイレを買い替える場合、トイレ本体ではなく便座や温水洗浄便座のみの交換も可能です。トイレを温水洗浄便座にしたい場合は、本体を変えずに便座を交換するだけで対応できます。DIYなども可能ですが、安全かつ正確に交換するためにも、便座の交換は業者に依頼しましょう。


ライフハックカテゴリの最新記事