転職活動をする前にやるべきこと5つ!やることリストをチェックしよう

転職活動をする前にやるべきこと5つ!やることリストをチェックしよう

                                                                  転職活動を開始する前に、転職活動を考えた段階から何をすべきなのかを、把握しておく必要があります。はじめて転職活動をする場合、流れや作業の内容を確認してから行動を起こすと、スムーズに活動を進めることができるのです。転職活動を開始するにあたってすべきことや、転職を効率よく成功させるポイントなどを紹介します。

【やることリスト1】自己分析をする

転職を決断したら、まず、自己分析をしましょう。自己分析とは、これまでの自分の行動や仕事に関連する実績などをもとに、自分の仕事のやりかた、性格の長所や短所を分析するというものです。
自分がどのような仕事を任され、周囲からどのように評価をされているか、仕事に対する姿勢などを、こまかく分析します。分析することで、得意なことや不得意なことも明白になるのです。

そのため、志望動機や自己PRの内容がより深いものとなり、面接官とのやり取りもスムーズになります。ただし、転職をする理由が明確に定まっていない場合には、自己分析だけを行っても、長所や短所などが見えない場合もあるでしょう。

自己分析だけでは不足していると感じる場合には、自己「観察」を行うことも重要です。自己観察では、どのような心理が自分の行動につながっているのか、どのような考えで業務を行い、それが周囲の評価につながったのかを分析します。

つまり、目に見える実績や評価ではなく心理や感情を考える作業です。自己観察をすると、自分の心理や感情と向き合うことになります。自分の感情を考えずに行ってきた業務も、自己観察をしてみると「無理をして業務を行っていた」「価値観に合わない業務であった」など、新しい発見もあるでしょう。

転職活動で必要な自己分析については、自分の長所や短所、得意なことを明確にして、今の自分の実力を知るために必要な作業です。
しかし、自己分析はあくまでも業務に関する表面上の分析となります。転職したい理由・目的を考えるためには、心理や感情も分析をする自己観察も、あわせて行うことが有効です。

【やることリスト2】転職計画を立てる

転職活動の平均期間は、3カ月半であるといわれているため、転職完了目標から逆算をして計画を立てましょう。まず、自己分析や自己観察を行います。
次に企業・職種に関する情報収集を行い、応募する企業を決める作業です。応募する企業が決まった段階で、履歴書と職務経歴書を作成します。自己分析から書類作成までの期間は、平均して2週間です。

次に、転職先に書類を提出するなど、応募をして面接を行います。企業に勤めている場合には、退職願いを出し、仕事の引き継ぎも計画に入れる必要があるのです。頭の中で計画を立てるのではなく、転職用の計画表を作成しましょう。
計画表には、可能な限り計画内容をこまかく記載することが大切です。「証明写真の撮影」や「1社の履歴書作成」など、こまかく書き出すことには3つのメリットがあります。

1つ目は、期間内にやるべき作業を明確にし、転職完了目標時期がずれてしまうことを防ぐ効果がというものです。

2つ目に、作業内容が明確になることで、書類作成や応募時に、こまかな部分の確認漏れなども防ぐことができます。また、転職活動中は、面接による緊張や不安などマイナスな感情を抱きやすため、精神的に不安定になるケースも多いです。

しかし、計画表を作成したことで転職というゴールが見え、モチベーションを維持することにつながります。つまり、3つ目のメリットは、転職活動における精神的な負担を軽減するということです。


【やることリスト3】転職希望先を見つける

転職の計画を立てたあとは、実際に転職希望先を見つける必要があります。一般的な方法として、転職サイトの利用を検討する人も多いのではないでしょうか。しかし、少しでも時間と精神的な負担を軽減するためには、効率的に転職先を見つけることが大切です。

効率を重視するのであれば、スマートフォンのアプリとパソコンで転職先を見つけることができる「ミイダス」を利用するという方法があります。
アプリでサービスを提供しているため、時間も場所も選ばず、少しのあき時間に利用できる点が最大の魅力です。また、転職サイトへの登録は、文章を入力するなど、時間と手間がかかるケースも多いです。
ミイダスは、プロフィールの登録に「文章の入力」項目がありません。登録時に提出する内容は企業が必要とする、登録者の経験やスキルのみです。
希望する業種や職種に合うよう、提出する内容が変更され
ます。企業・登録者の両方にとって効率的なシステムであるといえるでしょう。
ミイダスは、約7万人の転職実績データと約200万人の年収データから、自分の経験やスキルに対する価値を見ることもできます。転職活動では、希望年収を質問されることも多く、業務における自分の価値を把握しておくことは非常に重要です。
ミイダスでは、「想定オファー年収」だけではなく、「選考条件に合致した企業数」を確認できるため、自己PRや応募先の決定にも役立つでしょう。
さらに、書類選考合格済みのオファーが届くシステムであり、採用の見込みがある案件のみに絞ることができるため、転職活動の不安が軽減されます。
くわえて、ミイダスに登録をすると、適正が高い職種と低い職種を判断する「適正チェック」を行うことも可能です。質問に対して、当てはまる回答にチェックを入れるだけでチェックができます。希望する職種の幅を広げたい場合に、役立つサービスです。

【やることリスト4】応募と面接

転職希望先を決めたら、応募と面接に進みます。まず、応募をするために必要な応募書類に必要事項を記入し、転職先へ提出しましょう。面接時に話す志望動機や自己PR、逆質問についてもしっかりと考えておきます。

面接が決定するまでの期間で、漏れや抜けがないよう、対策を行うことが重要です。職種や業務内容によっては、ポートフォリオを持ち込むことも検討します。
ポートフォリオによって、面接時にPRする内容により説得力を持たせることもできるのです。また、面接時のマナーも確認しておきます。

スキルに自信がある場合や、面接官が年下である場合など、見くだすような態度や偉そうな態度を取ってしまうケースも珍しくはありません。スキルや実績があったとしても、面接時の態度がマナーに反していると不採用になる場合もあるため、注意が必要です。

【やることリスト5】円満に退職

面接を通過し、転職先が決定した場合、勤めている会社を円満退職しましょう。退職願は、退職希望日の2カ月前までに、上司へ相談をする形で提出することがマナーです。
ただし、就業規則によっては1カ月前までなどのケースもあるため、確認をしておきます。仕事を引き継ぐ人間や退職時期を話し合い、両者が納得できた段階で、退職が決定するという流れです。円満退職を目指す場合には、転職理由として会社への不満を伝えないことがポイントとなります。
上司や会社の判断で、不満を改善する、部署の移動などの対応を取るとして、引きとめられる可能性があるためです。

しかし、相談の場で提示される改善策や対応策については、あくまでも口約束であり、改善されない可能性もあります。たとえ引きとめられた場合でも、基本的には退職の意思を貫きましょう。

やるべきことをやって転職を成功させよう!

転職をするためには、やるべきことが非常にたくさんあります。そのため、自己分析から退職まで、計画性を持つことが大切です。
しかし、転職先を探す方法についても、転職をスムーズに進めるためには重要なポイントとなります。準備から転職先探し、退職の準備まで、紹介したことを着実にこなし、転職を成功させましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事