「在宅派遣」は人材確保におすすめ!主婦層に仕事の依頼を!

「在宅派遣」は人材確保におすすめ!主婦層に仕事の依頼を!

                                                                  人材確保の一つの手段として「在宅派遣」があります。しかし、在宅派遣とはどのようなものなのでしょうか。在宅派遣の概要やメリットを紹介します。

在宅派遣とはどのような働き方か

・派遣社員は、派遣会社に登録している人員が各企業へ派遣されて働く。
・在宅派遣では、派遣された人員が派遣先のオフィスではなく、自宅で業務にあたる。
・働く人にとって自由度が高いため、優秀な人員がそろっている。

在宅派遣で対応可能な職種について

・人事:求人応募の書類選考や面談日程の調整など
・財務・経理:請求書の作成と発行、入金消し込み記帳などの会計業務など
・法務:パラリーガル業務
・カスタマーサポート:問い合わせへの対応など
・マーケティング:web広告施策の立案と実行など
・営業支援:見積もり作成やクライアントの登録業務など

在宅派遣社員を選ぶのは主婦層

・忙しい主婦層は通勤時間が長いと負担を感じる。在宅派遣を選ぶことで、通勤時間を有効活用できる。
・仕事で培ったスキルがあっても、それ以外の条件でなかなか働けない主婦層は多い。在宅派遣なら、個別の事情に合わせた働き方が可能。
・地方在住で家の近くで働けるところがない主婦でも、在宅派遣なら経験を活かして働ける。

在宅派遣の仕事の特徴

・在宅派遣は働く場所の制限がないため、働き方が自由になる。子育てや介護などとの両立も可能。
・在宅派遣では、専門性の高い知識や経験を活かした仕事が多く募集されている。
・在宅派遣なら地方在住でも都市部と同じ高時給で働ける可能性がある。

企業が在宅派遣を利用するメリット

・在宅派遣は柔軟な働き方が可能なため、管理職や専門職として働いていた高いスキルをもつ人材も多い。
・在宅派遣を利用すれば、ニーズに合った人材を確保できる。
・会社の状況の変化に合わせて人員を確保でき、雇用によるリスクがない。

在宅派遣を利用する流れ

・在宅派遣を扱っている企業に問い合わせをおこなうと、担当者から連絡が入る。
・ヒアリングがおこなわれ、最適な人材についての提案がある。
・候補者と顔合わせをおこない、マッチした場合に契約が可能。

在宅派遣の具体的な運用方法

・企業の希望に応じた日数や時期に依頼できる(例:週3日、午前中、経理業務が増える月末月初のみなど)。
・企業の希望する連絡ツールでやり取りが可能(Slackやメール、電話など)。
・情報漏洩を防ぐため、セキュリティ保護を万全に整えたパソコンを使用する。

まとめ

在宅派遣を利用すると、優秀な人材を確保するのに高い効果を発揮します。企業のニーズに合わせて依頼できるため、雇用によるリスクもありません。在宅派遣をうまく利用しましょう。

優秀な人材を探せる!クラウドソーシング

信頼できるクラウドソーシングサイト【Bizseek】
↓詳細チェック&無料登録は公式サイトから↓



日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」
↓詳細チェック&無料登録は公式サイトから↓


ユーザーがスキルを出品しているサービス
↓詳細チェック&無料登録は公式サイトから↓



いずれのサイトも、本人確認をすれば仕事を開始できるシステムです。仕事を受注する人だけではなく、発注する側も本人確認が必要です。
つまり、1度悪質な行為で退会処分などになった発注者は、再度別のメールアドレスや名前を使っても登録できません。安心して仕事できる理由の1つですね。

本人確認は危険じゃない!無料登録の後は本人確認を済ませてしまおう

本人確認とは、電話番号を使って本人確認をすることです。電話番号を入力するとショートメールが届いたり、指定された番号へ入力した電話番号の携帯電話から電話をかけるだけで完了。
確認方法はサイトによって異なりますが、電話番号や身分証明書の名前の部分だけを撮影して送信(住所などは手で隠したり撮影しなかったりしてもOK)するだけです。

悪用されることは基本的にないといえます。
当サイト編集者もいくつかのサイトに登録して、すべて本人確認まで済ませていますが、5年間で個人情報を悪用されたと思われるトラブルに巻き込まれたことはありません。
割の良い仕事を見つけたらすぐに取り組めるよう、会員登録の後はそのまま本人確認を済ませてしまうことがおすすめです。

ビジネスカテゴリの最新記事