出張時の浮気調査を探偵に依頼!高額な理由と安く依頼する方法

出張時の浮気調査を探偵に依頼!高額な理由と安く依頼する方法

                                                                  「最近夫の出張が増えた」「聞いていた出張先とは違う場所のレシートが出てきた」など、出張をきっかけに夫の浮気を疑うケースは多いです。
問い詰めても正直に話さない場合は、証拠をつかんで突きつけるしかありません。
探偵に依頼すると高額になると聞いたことがあるかもしれないが、それにはきちんと理由があるのです。
その理由と、安く依頼するための方法について説明します。

探偵に依頼する前に!出張か浮気なのかを調べる方法

本当に出張に行っているのか、浮気なのか、探偵に依頼する前に自分でチェックしておきたいという人も多いです。
どのような方法で調べればいいのか、その方法について紹介します。

・レシートやクレジットカード

・出張から帰ってきた後に夫が捨てたレシートや、出張先で使ったクレジットカードの明細をチェックする。
・出張期間中に、聞いていた出張先とは違う場所のレシートがあった場合は嘘をついていたことが分かる。
・女性用の化粧品やプレゼントと思われる品物がないかチェックする。
・クレジットカードの明細からも、シティホテルや旅館など、明らかに出張で使うには不自然な宿泊先があれば怪しい。
・レストランやカフェのレシートには利用人数が書かれていることもあるため、人数が2人となっていないか確認する。(ただし仕事の打ち合わせや出張先の人と行っている可能性もあるため確実な証拠にはならない)

・出張先のお土産を頼む

・出張に行く場所を聞いたら、出発直前にお土産を頼んでみるのも良い。
・出張ではなく浮気相手の家に行く場合は、お土産が買って来られないため、慌てたり断ったり、様子がおかしいと思う反応をする。
・前もってお土産を頼むと、ネットで取り寄せるなどのアリバイ作りをされてしまう可能性があるため、出発直前の朝に頼むのが良い。
ただし、本当にその場所へ浮気相手と旅行に行く、出張に浮気相手を同行させる場合はお土産を買うことができるため、これだけで判断することはできません。

・カーナビ・走行距離・車内

・車で出張に行く場合は、車からも浮気の証拠を見つけられる可能性もある。
・行き先が分かっている場合は、どの程度の距離を移動するのかは調べればわかるため、出発前にメーターのチェックをしておく。
・帰宅後は、カーナビにデートスポットなどの出張に不自然な場所が登録されていないか調べてみる。(削除されている可能性もある)
・助手席のシートの位置、ダッシュボートの中、灰皿などに女性の痕跡がないかも確認してみよう。

・給与明細

・サラリーマンの場合は、出張に行った付きの給与明細を詳しく見てみる。
・出張に行っていれば「出張手当」などの記載があれば、出張に行っていたことが分かる。
・詳細な明細を出さない会社の場合は分からないが、総支給額が普段の月より多くなっていれば出張に行ったこと自体は事実かもしれない。
・出張に浮気相手を同行させている場合は、これだけでは判断できないため、他の方法でも確認する必要がある。

・会社に電話で確認

・「出張に行っているか」を会社に電話で確認すれば、高い確率で事実が分かる。
・妻であることを名乗れば、妻に浮気を疑われていることが社内で噂になる可能性もあるため、顧客や取引先などの第三者を名乗るのも一つの手である。
・プライバシーの観点から「出張先がどこか」までは答えないケースも考えられるうえ、行き先を聞くこと自体が不審に思われる。
・あくまでも「出張が事実か嘘か」だけの確認にとどめておくのが無難。

自力調査の危険性

夫の出張について、ある程度自分でチェックすることはできるが、確実な証拠をつかめないことが多いです。
自力で調べることの限界と、夫にバレてしまう危険性について説明します。

・調べていることがバレる

・「妻が自分の浮気を疑って何かを調べている」とバレてしまうと、浮気をいなかった場合、かえって不仲の原因を作ることになり、信頼関係も崩れてしまう。
・実際に浮気をしていたとしても、していなかったとしても、調べられていることは不愉快。
・浮気をしていた場合、夫は慎重に行動するようになってしまうため、証拠が見つけにくくもなる。

・ 自力では直接的な証拠を見つけるのが難しい

・夫の出張という状況で、直接的な証拠を見つけるのは難しい。
・出張が嘘だとわかっても、誰とどこにいたかまでは分からず、夫に問い詰めてもはぐらかされてしまう。
・出張先で浮気相手と落ち合っていた、同行していたといった場合は、その事実まではつかめない。

むしろ中途半端なことしか分からずに、夫に対する不信感が募るだけになってしまうかもしれません。

・ 自力調査よりも探偵などの専門家に依頼した方が良い

ある程度自分で調べていくと、決定的な証拠が欲しくなってくるでしょう。
自分で調べることへの限界を感じるかもしれないです。
その場合は、探偵などの専門家へ依頼する方が確実な証拠が手に入ります。
特に離婚まで視野に入れている場合や、結果的に離婚することになった場合、確実な証拠があった方が有利な条件で離婚でき、仮に裁判になったとしても、法的に有効な証拠が手に入りやすいです。

出張時の浮気調査が高額な理由

探偵に出張時の浮気調査を依頼すると、なぜ高額になるのか、3つの理由について説明します。

・出張期間=調査期間

・通常、浮気調査を探偵に依頼する場合は、「1日〇時間調査をする」などと時間を決めて調査するため、その時間分の料金を支払う。
・出張の場合は、朝出かけてから自宅に戻るまでの時間が調査時間となる。
・通常時は、何時に会社を出て何時に帰宅するなどのパターンがつかみやすいが、出張時はいつどんな行動をするのかわからないため、常に監視していなければならない。
・3泊の出張であれば60時間近くが調査時間となり、その分の費用がかかって高額になる。さらにそこまでの交通費なども負担する。


・2名以上の人員が必要

・出張先では事前の下見ができないため、通常の浮気調査とは違って、探偵側も人数を増やして調査にあたる。
・夫が24時間どのような行動をとるか分からないため、交代要員も必要。
・失敗をしないために探偵側も普段よりも慎重になるため、増員分の人件費がかかる。

・浮気相手の調査も必要

・浮気をしている事実があった場合、相手はどこの誰なのか?といった、相手の素性調査に移行するケースが多い。
・探偵社によっても異なるが、浮気調査と素性調査は別料金になる可能性もある。
・出張中に相手の素性調査まで完了できない場合は、そのまま浮気調査にあたった探偵が相手の女性の調査を続行することになる。
・「浮気の事実は分かったけれど、相手のことは調べなくてもよい」という依頼主は少ないため、トータルで費用が高くなる。

出張の依頼はいくらくらいかかるのか?

・実際にいくらかかるかは探偵社によって異なるが、トータルで100万円以上かかるケースが多い。
・これには純粋に調査費用のみの金額で、さらに交通費、宿泊費、レンタカー代などの実費が加算される。
・「宿泊は安いホテルを利用して」と依頼したくても、探偵は監視のために対象者である夫と同じホテルに泊まる必要がある。
・もし夫がグレードの高い部屋を利用している場合は、基本的に探偵も同じフロアに泊まるためその分も依頼主が負担する。
・出張の浮気調査は、調査費用そのものが高いうえ、その他にかかる諸経費も高くなるため、トータルの金額が高額になる。

出張の浮気調査を安く済ませる方法

・出張時の浮気調査を安く済ませるには、出張先、もしくは近くに支店や事務所、相談所がある探偵社を利用する。
・出張先の近くの事務所から探偵を派遣することができれば、交通費が節約できる。
・探偵の交代要員も近くから行くことができるため、宿泊する必要性もなくなり、宿泊費用も不要になる。

ただし、出張先の支店や相談所に直接出向いて打ち合わせができるわけではないため、探偵社内の連携や料金についても確認し、信頼できるところに任せるようにしましょう。

出張時の浮気は探偵に相談を

・夫の浮気を疑い始めるとまずは自分で証拠をつかもうと思ってしまうかもしれない。
・実際に自分で調べると、結果的に出張に行っているか行っていないかの事実くらいしか分からないもの。
・万が一調べていることが夫に分かってしまうと、証拠がつかみにくくなってしまう。

出張という普段とは違う状況では、自分でどうにかするよりも、調査のプロである探偵に依頼して調べてもらった方が確実な証拠が得やすく、その後どうするかまでを考えやすくなるでしょう。

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】



業界初大手弁護士法人のグループ探偵社だから安心!



↓どの探偵社が良いのか選べない!という人におすすめのサービスはこちら↓


恋愛/男女問題カテゴリの最新記事