初回来店が大切!新規オープン時はチラシで集客しよう

初回来店が大切!新規オープン時はチラシで集客しよう

                                                                  どれほど魅力的なお店でも、まずはお店を知ってもらえなければ来店にはつながりません。そのため、初回来店を促すための努力は必須であるといえるでしょう。そこで、新店のオープンチラシの必要性と、作成時のコツを紹介します。

初回に来店してもらえなければ意味なし

新店については、まず来店してもらえなければ魅力を伝えられません。例えば、飲食店の場合、メニューのおいしさや味については初回来店に直接影響を与えるものではないのです。理由は、おいしさや味が来店に影響を与えるのは、あくまでもリピートや口コミ、満足度などが影響する2回目以降の来店であるためだといえます。商品に特徴があれば口コミでの集客は見込めますが、まずは初回の来店をしてもらえなければ口コミも発生しません。

オーナーはオープン前に人員の確保などを含めやらなければならないことがたくさんありますが、広告やチラシの作成などは後回しにしてしまいがちです。しかし、近隣に住んでいる人達や近隣での会社で勤務している人達は、オープンするお店の特徴や魅力、存在すら知らない可能性があるため、初回来店を促すためのチラシでの販促は非常に重要だと認識する必要があります。

オープンチラシを作ることの意味

オープンチラシを作成することで得られる効果は、お店がオープンすることを知ってもらうだけではなく、お店の知名度あげることです。また、新規顧客を獲得することで、将来的にはリピーターを増やすことにもつながります。

オープンチラシを作ることの意味

新店のチラシで最もアピールしたい情報を大きく載せることによって、目的に合った効果を得られる可能性があります。例えば、お店がオープンすることを知ってもらいたいのであれば、オープン日時、電話番号、住所、地図や、通常の営業時間とオープン日の営業時間が異なる場合にはそれぞれの営業時間を載せます。

知名度を上げることを重視して新規顧客を増やしたいのであれば、店名やメインのサービス、メニューの写真などを掲載し、新規顧客が利用するきっかけとなるクーポンなども載せましょう。リピーターを増やすことが目的である場合、特徴をアピールするためのキャッチコピー、リピーター獲得につながるポイントカードの案内、ターゲットに最適なメニューや商品の提案を重視します。

家族連れをターゲットにしたいのであれば、広々とした空間であることや子ども用の椅子やメニューがあることなどを掲載すれば、家族連れの来店やリピーターを増やすことにつながるのです。ほかにも、くつろげるカフェの場合は、1人でも来店しやすいことやゆっくり過ごせることをアピールすれば、ターゲットにマッチするお客さんが来店したときに満足度が高くなり、リピーターになりやすいでしょう。

新店の魅力をアピールしよう

オープン前は忙しく、販促に注力する暇がないことも珍しくありません。しかし、まずはお店に来てもらわなければ、どれほどお店作りに注力しても、思ったように集客効果を得られないのです。そのため、新店のオープンチラシは必須だといえます。オープン前で時間に余裕がない場合には、チラシ作成のプロに依頼する方法が有効です。


ビジネスカテゴリの最新記事