社会福祉法人とは?平均給料と仕事のメリット・デメリット

社会福祉法人とは?平均給料と仕事のメリット・デメリット

                                                                  社会福祉法人は、一般的な企業とは違った特徴があります。この記事では、社会福祉法人とはどんなものなのか、平均給料や働くメリット・デメリットについて紹介します。

一般企業とは違う?社会福祉法人とは?

・介護や保育などの社会福祉事業を行うことを目的とした民間企業
・法人税においては公益法人等にあたるため、一部を除いて非課税となる場合がある
・一般企業が営利団体であるのに対し、社会福祉法人は非営利団体となる

社会福祉法人3つの事業

・社会福祉を目的とする事業→利用者がそれぞれ自分の力で日常生活ができるようなサポートをする事業
・公益事業→介護老人保健施設や有料老人ホーム経営などの、公益が目的で社会福祉に関係のある事業
・収益事業→貸ビルや駐車場経営などで得た収入を、他の公益性がある事業の運営にあてるための事業

法人別の平均給料

・地方自治体では、平均給料が270838円
・社団法人や財団法人では、平均給料が261739円
・社会福祉法人では、平均給料が226389円
※法人によって給料には差があります。

社会福祉法人で働くメリット

・介護や保育のスキルを伸ばすことができる
・ほとんどの社会福祉法人が地域密着型となっているため、遠方への転勤の心配が少ない
・大きな法人であれば、福利厚生がしっかりしていることが多い

社会福祉法人で働くデメリット

・別の業務へのキャリアチェンジが難しい
・長く勤務するスタッフが多く、意見を伝えにくい場合がある
・長年に渡り運営方法が確立しているため、新しい風を入れることが難しい場合がある

社会福祉法人のメリットを活かして働こう!

社会福祉法人は、一般企業とは一味違う働き方ができます。まずは介護の求人を探して、自分に合う法人を探してみましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事