skypeの種類とセキュリティ内容を徹底解説!

skypeの種類とセキュリティ内容を徹底解説!

                                                                  skype for businessとskypeの違いは何か、セキュリティ面での強化などのメリットを紹介します。

skypeとは?便利な音声やビデオ機能のサービス

・Microsoft社による音声通信サービス
・インターネットとパソコンやスマートフォンを利用し、通話だけでなくビデオ通話の設定をすれば利用できる

skypeのメリット

・一部有料サービスを除いては、無料で利用できるメリットがある。
・ユーザー同士なら世界中どこでも無制限に利用できる。
・デジタル認証でセキュリティを強化している。

skypeの活用方法

・世界中の通話が可能な国との国際通話が格安で利用できる。
・企業内での通話料金も節約できる。
・情報漏えいのリスクがあるため、重要な内容は避けた方がよい

skypeのデメリットや注意点は?

・個人の利用者が多いため、ハッカー攻撃やスパムなどの標的にされるリスクもある。
・セキュリティ面でのリスクを考慮し、skypeを導入しない企業が多い。

skypeのセキュリティを強化する方法

・強固なパスワードを使う。大文字小文字や記号などを組み合わせる。定期的な変更も有効である。
・skypeを最新のバージョンにしておく。

skype for businessとは?

・マイクロソフト社が提供する法人向けの「Office 365」に含まれているサービスである。
・skypeと同じように簡単な操作でオンラインでの会議ができる。

skype for businessとskypeの違いについて

・skypeは25人まで利用できるが、skype for businessは最大で250人まで利用できる。
・skype for businessは高画質で、他社のマイクなどにも対応できる。
・skype for businessは、暗号化や利用制限などのセキュリティ面が充実しているのが特徴である。

skype for businessのメリット

・リモートワーク導入後に減りやすい社内のコミュニケーション対策になる。
・コスト削減や効率化を図ることができる。

skype for businessはセキュリティが強化されている

・経営者が社員のアカウントを一括管理できるので、制限や許可が自由である。
・チャットやファイルなどの通信内容はすべて暗号化し、情報漏えいリスクが軽減されている。
・多要素認証でセキュリティを強化している。

まとめ

企業はskypeよりも企業に特化したツールであるskype for businessのほうがセキュリティ面でも安心して使えます。リモートワーク導入に伴って利用することを検討しましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事