少人数結婚式でもお色直しは可能!お色直しをする意味と少人数結婚式のメリット

少人数結婚式でもお色直しは可能!お色直しをする意味と少人数結婚式のメリット

少人数結婚式でもお色直しをすることは可能です。少人数結婚式でお色直しをする際に押さえておきたいポイントについて解説します。

お色直しをする理由

本来は、白一色の衣裳から色付きの衣裳に変えることをお色直しと呼びます。
相手の家の色に染まるという意味があり、昔は白無垢から色打掛に変えることをお色直しといっていました。(現在は掛替)
洋装でもウェディングドレスからカラードレスに変えることをお色直しといい、洋装から和装、和装から洋装でもお色直しというようになりました。

会場ごとでお色直しの方法が違う

どんな会場で結婚式を行うかによって、どの程度のお色直しができるかが違います。
着替える場所が狭いレストランなどでは、早く着替えられる衣裳を選ぶなどの工夫が必要です。
結婚式場、ホテル、レストランなど会場によって演出でできることにも違いがあるので、それに合わせた衣裳を選ぶことも大事です。

中座の時間は短く使用

少人数結婚式は、新郎新婦とゲストの距離が近いのが魅力であり、ゲストと共に食事や会話、写真撮影などを楽しむのが目的です。
長時間中座すると少人数結婚式の魅力を損ねることにもなるため、中座する時間をできるだけ短くする工夫が必要です。

中座中の演出も検討する

新郎新婦がいない間に余興をしてもらうのは、失礼になることもあります。
映像を流したり、簡単なゲームをしたりするなど、ゲストの顔ぶれに合わせて演出を選びましょう。
親族ばかりなら、食事をしながら会話を楽しんでもらうだけでも十分な場合もあります。

お色直し以外の方法を選ぶ方法もある

お色直しをする場合でも、少人数結婚式のメリットが活きるように行うことが大事です。
数着着たいだけならば、挙式と会食の間のタイミングで着替えれば、中座せずに複数の衣裳を着ることが可能。
和装やカラードレスなどは前撮りや別撮りのときに着て、写真に残すという方法も検討しましょう。

⇒⇒【こちらの記事もオススメ】少人数結婚式のドレスを選ぶ際の5つのポイント
冬に合うカラードレスは?おすすめの色や選ぶ際のポイント



イベントカテゴリの最新記事