新規オープンではチラシを使って集客するのがベスト!

新規オープンではチラシを使って集客するのがベスト!

                                                                  もうすぐ新店をオープンする、オープンして間もない場合には、お店の認知度をあげる必要があります。認知度をあげるためには、広告でアピールする方法が有効です。集客効果をあげるための、広告作成のポイントを紹介します。

広告でオープンを知らせるメリット

お店の知名度をあげて見込み客を増加させるためにも、オープン時に広告で販促を行う方法は非常に有効です。新しくお店がオープンするとなると、周辺住民も「どのようなお店ができるのか」「どのような雰囲気なのか」と興味をもっています。興味を持っている段階で広告をうってアピールすることで販促効果が得やすくなるのです。オープンは1回だけのイベントだといえます。そのため、多くの人に認知してもらい、リピーターを獲得するためにも、積極的に広告での販促を行いましょう。

広告のデザイン次第で集客できなくなる

オープンの広告には必ず乗せなければならない情報もあります。オープンする日時、アクセス方法、電話番号、営業時間です。アクセス方法については、地図も載せたほうが親切でしょう。特に、新しくオープンするのであれば、顧客が広告を見ただけでもスムーズに来店できるよう、地図を大きなサイズで載せることもポイントです。ただし、情報をむやみに載せてしまうとインパクトがなくなり、広告を見てくれた人の印象に残りにくくなります。広告の用途ごとに載せるべき情報には優先順位をつけて、不要なものは載せないようにしましょう。

オープン広告を出稿するタイミングとは

オープンの広告を配布するタイミングは、オープンするお店や業態によって異なります。例えば、飲食店の場合、一般的に2月と8月に顧客の来店数が少なくなることが特徴です。顧客が少なくなるタイミングでチラシを配布すると、効果が高くなる可能性があります。居酒屋の場合、忘年会や年末年始、新年会の時期や3~4月の卒業や入学のシーズンは忙しくなる業種です。カフェであればクリスマスなどのイベントの時期が忙しくなるため、それぞれの業態に合わせて、時期やイベントなどを確認しながら広告を出しましょう。

オープンの広告を出すのであれば、曜日も意識する必要があります。ほかに広告やチラシが少ない傾向にある平日、もしくはチラシや広告が多くなる休日前にするのかによって、注目される確率も変わるためです。週末に集客を狙う狙いたい場合、金曜日に広告を出す方法が有効でしょう。ただし、金曜日は広告やチラシが多くなる曜日であるため、ほかとの差別化を図るためには目立つように工夫する必要があります。


ビジネスカテゴリの最新記事