整理収納アドバイザーは無意味?整理収納のコツをつかむことから始めよう

整理収納アドバイザーは無意味?整理収納のコツをつかむことから始めよう

                                                                  整理収納アドバイザーの資格を取得したからといって、必ず仕事につながると考えないようにします。整理収納アドバイザーは、国家資格ではなく民間の検定試験です。自分で整理収納するための講座を行ったり、誰かの自宅の片付けを手伝ったりするだけであれば、資格を持ってなくても行えます。
資格がなくなかったとしても、手伝いをしたり講座を開いたりするのは、有料で行っても問題はないのです。商標登録済みの資格を取得したと表示できないだけであり、仕事の内容には関係ありません。整理収納アドバイザーは国家資格ではないため、取得していなければ仕事を行えないわけではないのです。整理収納するだけの技術やセンスを持っている人であれば、資格にこだわらずに自分の自宅を整理収納したり、誰かにアドバイスをしたりすることは可能です。

クローゼットの収納上手になるためのポイント

リビングなどメインとなる空間だけではなく、クローゼットの収納についてもポイントを押さえることで、収納上手を目指せます。クローゼットに収納する際の重要なポイントを見ていきましょう。

何をどこに収納するかは使用頻度によって分ける

クローゼットの収納は、何をどこに収納するか配置を決定することが重要です。また、収納する際には何をどこに収納してあるのか、扉を開けてすぐにわかる状態にしておくこともポイントだといえます。クローゼットの上の段には衣替えをした後の洋服やバッグ、帽子など使用しない物や軽い物を収納すると良いでしょう。最も出し入れしやすい中央部分には、使用頻度の高いビジネスファッションやお気に入りの洋服をかけて収納することでスムーズに選べるうえに取り出しやすくなります。

キャリーやスーツケースも使おう

床の部分には、重たい物や大きな物などを置くようにして収納しましょう。収納ボックスに衣服や下着などを収納して置いたり、キャリーバッグや出張用のスーツケースなどを置いたりする方法も有効です。スーツケースやキャリーバッグをあまり使用しない場合には、中に物を収納することでスペースを無駄にせずに活用できます。ストーブなど季節の家電や除湿機などもクローゼットの下段に収納しましょう。使用する回数が多い物は、立った姿勢で自分の腰あたりから目線までの高さで収納すると、出し入れする際にストレスを感じずに物を使用できるようになります。家族がいる場合は、家族のことも考えて収納する物の配置を決定することが大切です。インテリアを配置するようにクローゼットの中に物を収納することによって、クローゼットの扉を開けるのが楽しくなるでしょう。


ライフハックカテゴリの最新記事