リモートワークを導入した場合のサテライトオフィスについて

リモートワークを導入した場合のサテライトオフィスについて

                                                                  リモートワークを導入した企業のサテライトオフィスについて紹介します。

サテライトオフィスとは何か

・サテライトの意味は「衛星」である。
・本社を中心にして衛星のようにも受けられたオフィスのことである。

サテライトオフィスの種類を紹介

・営業の拠点など、本社とは異なる機能を持つのは都市型である。
・都市の郊外に設置し通勤時間を短くする郊外型がある。
・自然豊かな田舎に地方創生などを目的として、自治体などが誘致して設置することもある多様な地方型のサテライトオフィスがある。

サテライトオフィスと「支社」の違い

・サテライトオフィスの方が支社よりも少人数で構成されることが多い。
・サテライトオフィスの目的は、企業の直接的な事業活動の利便性の向上ではなく、社員のライフスタイルを多様化するものである。

サテライトオフィスが増えている理由

・人口減少に伴う労働力不足への対応策として有効である。
・多様な働き方があれば、介護や育児などで離職する必要がなくなる。

サテライトオフィスのメリット

・時間の効率化を図ることができる。
・交通費のコスト削減、都市部よりも地方の方が設置コストが安い。
・業務が1カ所に集中しないので、災害リスクの低減が実現する。
・多様な働き方ができるため、優秀な人材を獲得できるチャンスが増える。

サテライトオフィスのデメリット

・オフィスの設置に手間がかかる。
・本社とのコミュニケーションが不足する可能性もある。

おためしサテライトオフィスについて紹介

・厚生労働省の「おためしサテライトオフィス」は、働き方改革と地方創生を合わせた効果が期待されている。
・都市と同じようなリモートワークができる環境作りを促進し、企業誘致を行っている。

サテライトオフィスの事例①日立グループ

・2017年、東京都の八重洲に都市型のサテライトオフィスを設置した。
・グループ全体が利用できるオフィスである。今後もサテライトオフィスを増やす方向性を示している。

サテライトオフィスの事例②NTTの活用方法

・NTTは、ほかの企業が運営するサテライトオフィスやシェアオフィスを活用している。
・2018年7月に、8000人以上の社員がサテライトオフィスを活用しながらテレワークを体験する日を設けた。

サテライトオフィスの自治体の事例「徳島県」

・徳島県はサテライトオフィス誘致に力を入れ、2018年4月には59社の誘致が実現している。
・美馬市や三好市などに「おためしサテライトオフィス」のモデル団体があり、特に美浜町に人気がある。

まとめ

リモートワークを導入した企業のサテライトオフィス活用が進んでいます。事例を参考にして、導入を検討しましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事