【産後シミ】出産後にシミが増える原因って何?自然に消えるの?それとも対策するべき?

【産後シミ】出産後にシミが増える原因って何?自然に消えるの?それとも対策するべき?

                                                                  出産後に、シミやそばかすが増えたと悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。
出産後にシミが増えた場合、妊娠や出産によってホルモンバランスが崩れることが原因であると考えられます。
まずは、肌のバリア機能の低下です。
妊娠中は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が増えます。
エストロゲンは美肌にも影響を与えるホルモンであり、肌のツヤ、ハリを維持するための物質であるコラーゲンの生成をサポートし、年齢肌の原因となる活性酸素を抑える効果が期待できます。
出産後、エストロゲンの分泌が大幅に減少することによって、肌のバリア機能を弱くしてしまうのです。
そのため、ほこりや紫外線、乾燥といった刺激に敏感な状態となり、炎症を起こします。
炎症が色素として沈着するため、シミになってしまう可能性が高いです。
また、妊娠中に多く分泌される女性ホルモンの1つに、プロゲステロンがあります。プロゲステロンは、胎児の成長に重要となる胎盤の形成など、妊娠中には非常に大切なホルモンです。
しかし、シミの原因となるメラノサイトの活性化にも影響します。
メラニンが生成されやすくなり、シミが濃くなるといった症状が起こります。

産後シミは自然に消えるの?それとも対策するべき?

出産後はメラノサイトを活性化させるプロゲステロンの分泌が大幅に減少します。
そのため、メラニンの生成は抑制されるものの、シミは肌のターンオーバーが行われなければ消えるものではありません。
女性ホルモンの分泌量が妊娠前の状態になるには、6か月ほどの時間がかかります。
シミの発生を抑えるための対策が必要です。
妊娠中の乾燥や紫外線といった外部刺激の影響やホルモンバランスが戻るまでに時間がかかることをふまえ、出産後は肌のケアを行いましょう。
シミの原因となる紫外線をブロックするために、出産後は日焼け止めなどで紫外線予防をします。
出産後の肌は非常に敏感であるため、刺激のない美容クリームなどで肌の保湿ケアを行いましょう。
美白美容液なども使用し、シミが濃くなることを防ぐことも大切です。
美白ケアをしながら、肌のターンオーバーを促すために食生活にも気を使う必要があります。
肌代謝を促進するビタミンAなどの食品を摂取し、身体の中からシミを予防、改善するという方法も有効です。
出産後に食生活を意識することは大変ですが、栄養バランスを考えた食事でシミ対策、健康ケアも同時に行いましょう。


美容/健康カテゴリの最新記事