リモートワークで働ける職種とは

リモートワークで働ける職種とは

                                                                  リモートワークはどんな職種でも可能というわけではありません。企業の場合はどんな仕事があるのか、どんな企業が多いのか、リモートワークに必要な環境や条件についても解説します。

リモートワークの働き方

<リモートワークとは?>
・従業員が自宅などで働くことを主とした働き方
・企業との主なコミュニケーション(業務伝達)は、電話やメール、チャットなど
リモートワークのタイプ(レベルをそれぞれ説明する)
・フルタイム・リモートワーク(正規雇用で100%遠隔勤務)
・リモート・アウトソース(正規雇用ではなく100%遠隔勤務)
・ハイブリッド・リモートワーク(正規雇用で週に数日遠隔で勤務)
・テンポラリー・リモートワーク(オンラインミティーングなど部分的な遠隔勤務)

リモートワークで働くための環境と条件

<雇用側と雇用される側で共通した条件>
・インターネットができる環境
・コミュニケーションに必要なメール(SNS)、チャットなどを使うスキル。電話でコミュニケーションを図ることもあるが、時間ロスの回避や柔軟性を優先するとメールやチャットが使えることは重要なポイント
・企業や業務内容に応じてクラウドやサーバーを利用できることも条件の一つ
・パソコンなどのデバイスは仕事用のものを貸与するのかどうかで異なる

リモートワークできる職種1:事務職などのデスクワーク

・手書きデータの入力作業
・電話やメールの対応
・会議書類の作成
・プレゼン資料の作成、など
・すべてを自宅で行うフルリモートではなくても、リモートワークで可能な部分は多い

リモートワークできる職種2:ライティングや編集業務

<ライティング>
・コラムや説明などの執筆作業
・webコンテンツ向けのライティングも増えている
・執筆内容は企業によってさまざまな内容に分かれる
<編集業務>
・出版や通信、新聞などのメディアで、情報の収集や構成などを行う仕事
・取材や執筆の校正なども含まれる

リモートワークできる職種3:DTPデザイナーやオペレーター

<DTPデザイナー>
・DTPとはグラッフィック系ソフトを使用して行うデザインのことで、利用ソフトはAdobe社のIllustrator、Photoshopが主流。他に3Dグラフィックソフトなども多い
・デザイナーと呼ばれる職種はロゴやマークデザイン、CG、イラストなどが主だがポスターや広告なども含まれる
<DTPオペレーター>
・同じDTPなので混同する人が多いが、オペレーターはデザインをするというより印刷に適したデータを作成することに特化しているのが特徴であり、優先される仕事
・印刷会社などで勤務していることも多い

リモートワークできる職種4:営業やマーケティング

<営業職>
・リモートワークに向いていないとの見方もされているが、効率的な働きかが可能
・顧客訪問の合間に会社に戻ることも多い職種だが、合間の業務を会社ではなくカフェなどで行うことは可能。そうすることで移動時間がカットできる
・進捗状況の報告などコミュニケーションが解決できれば問題はない
<マーケティング>
・トレンドを探ったり市場調査をしたりするマーケティングは、リモートワークに向いている職種
・営業職と同様、社内で行う業務をカフェなどで済ませることは可能
・プロモーションなども含め、会社に縛られるない方が動きやすい面もある

リモートワークできる職種5:webデザイナーやプログラマ

<webデザイナー>
・基本的なデザインはAdobe社のIllustrator、Photoshopを使うのでこの2つのスキルは必須条件
・デザインをもとに、HTML、CSS、JavaScriptなどのコンプーター言語を用いてコーディングを行う
<プログラマ>
・プログラム言語を使ってプログラムを組んでいく仕事
・ソフトウェアやシステムを作る
・さまざまな業界での仕事がある
・SEと混同されやすいが仕事内容は異なる

リモートワークの向き不向き

<向いている人>
・自己管理ができる人
・仕事の時間配分や進め方のコントロールができる
・出勤せずにできる仕事のスキルを持っている
・メールなどのコミュニケーションに積極的で、仕事の指示や意図を正確に把握できる能力も必要
<向いていない人>
・自己管理や時間配分が苦手
・チャットやメールでのコミュニケーションが苦手な人。顔が見えない分、乱暴な表現やわかりにくい説明は円滑な業務が難しい

リモートワークの面接は?

・基本的には企業や職種によって方法は異なる
・リモートワークは普段顔を合わせることがない働き方。面接からまったく顔を合わせることなく仕事をスタートさせることも少なくはない
・海外企業の場合は、テレビ電話などを用いて面接をすることもある
・面接のみ会社内で行う企業も多い

まとめ

リモートワークはデスクワークが中心ではありますが、営業職など外回りの仕事も向いています。必要な環境や条件、向き不向きなどを考慮して、企業に合った職種と人材を導入するのが成功のポイントだといえるでしょう。

優秀な人材を探せる!クラウドソーシング

信頼できるクラウドソーシングサイト【Bizseek】
↓詳細チェック&無料登録は公式サイトから↓



日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」
↓詳細チェック&無料登録は公式サイトから↓


ユーザーがスキルを出品しているサービス
↓詳細チェック&無料登録は公式サイトから↓



いずれのサイトも、本人確認をすれば仕事を開始できるシステムです。仕事を受注する人だけではなく、発注する側も本人確認が必要です。
つまり、1度悪質な行為で退会処分などになった発注者は、再度別のメールアドレスや名前を使っても登録できません。安心して仕事できる理由の1つですね。

本人確認は危険じゃない!無料登録の後は本人確認を済ませてしまおう

本人確認とは、電話番号を使って本人確認をすることです。電話番号を入力するとショートメールが届いたり、指定された番号へ入力した電話番号の携帯電話から電話をかけるだけで完了。
確認方法はサイトによって異なりますが、電話番号や身分証明書の名前の部分だけを撮影して送信(住所などは手で隠したり撮影しなかったりしてもOK)するだけです。

悪用されることは基本的にないといえます。
当サイト編集者もいくつかのサイトに登録して、すべて本人確認まで済ませていますが、5年間で個人情報を悪用されたと思われるトラブルに巻き込まれたことはありません。
割の良い仕事を見つけたらすぐに取り組めるよう、会員登録の後はそのまま本人確認を済ませてしまうことがおすすめです。

ビジネスカテゴリの最新記事