色もデザインもぴったりなカラードレスの探し方

色もデザインもぴったりなカラードレスの探し方

                                                                  カラードレスについて、どんな色やデザインを選んだらいいか迷っている人もいるでしょう。この記事ではカラードレスの選び方から人気色別のおすすめデザインまで紹介します。記事を読めば、カラードレスについて詳しく理解でき、あなた好みのカラードレスを選べるイメージがわくでしょう。

カラードレス選びのポイント

・カラードレスにはインパクトのあるものからナチュラルなものまで、様々なデザインやカラーがある

・同じカラーの中でも色の濃さによって印象は大きく変わる

・更にドレスのライン、素材などのデザインによっても雰囲気が大きく変わるため、色とデザイン両方のバランスをみて選ぶことが大切

・デザインは、ウェディングドレスのデザインと差をつけて、ドレスのラインや素材が違うものを選ぶのがおすすめ。ゲストに驚いてもらえるほか、自分も違った雰囲気を楽しめる

・会場の雰囲気や季節とマッチするカラードレスを選ぶとこなれた印象に。
例えばガーデンウェディングなら淡い色でふんわりしたデザイン、ホテルなど内装が豪華な会場なら濃い色でスタイリッシュなデザインなど

ピンク系カラードレスのデザイン

・ピンクは一番人気のカラードレスの色。誰からも愛される王道カラー
・淡いパステルピンクほど可愛らしいイメージ。マゼンタなど濃い目のピンクなら大人っぽくもなる。
・甘さをおさえるなら、スモーキーなピンクを選ぶ
・愛らしさを極めるならプリンセスラインのドレスがおすすめ
・濃い目のピンクなら、マーメイドラインなどスッキリしたラインでドレスの面積を少なくする
・花モチーフやリボンなどのデザイン、ふわふわのチュールやオーガンジー素材と相性のよいカラー

ブルー系(紺・水色)カラードレスのデザイン

・肌なじみの良いさわやかな水色から、落ち着きのある紺色まで様々。
・水色など淡い色は可愛らしい印象、紺色など濃い色はシックな印象に

・淡い色ならふんわりしたボリュームのあるデザインがおすすめ。チュールや繊細な刺繍のデザインと相性がよい

・濃い色なら、シンプルなデザインですっきり着こなすのがおすすめ。素材では光沢感のあるミカドシルクなどを選ぶと、シックな雰囲気をより引き立てることができる

パープル系カラードレスのデザイン

・気品があり大人っぽい可愛さを引き出せる色

・ラベンダーカラーなどパステル調の淡い色は、ふんわりしたボリュームのあるデザインのドレスで可愛らしく着こなすのがおすすめ
・濃い紫は光沢感のある素材や刺繍のデザインと相性がよく、大人ぽくシックな雰囲気を演出できる

レッド系カラードレスのデザイン

・カラードレスの中でも特に存在感を感じさせるインパクトのある色
・エレガントでシックな印象
・クリスマスウェディングに特におすすめ
・華やかな色味で、デコルテが大きく開いたデザインや、光沢感のある素材との相性がよい

・一方で、「ドレスに着られている感」が出てしまう場合には、あえてシフォンなどの柔らかさを感じる素材を選ぶとよい

イエロー系カラードレスのデザイン

・元気で明るいイメージを演出できるカラー
・ビタミンカラーのフレッシュなイエローから、くすみトーンのマスタードイエロー、アプリコットカラー、クリームイエローなど色味のバリエーションが豊富

・くすんだトーンのマスタードイエローなどは、ハリ感のある素材やAラインなどのボリュームあるシルエットを選ぶとシックかつ可憐な印象
・淡いイエローはチュールやフリルなど甘めのディティールと相性がよい。可愛らしい雰囲気に。

グリーン系カラードレスのデザイン

・中間色のグリーンは、見る人に安らぎと癒しを与えてくれる色
・ピンクやブルーなどと比較するとレアな印象なので個性をアピールしたい人におすすめ
・ミントカラーなどの淡い色は、ナチュラルな印象でガーデンウェディングなどにもおすすめ
・グリーンは色自体にインパクトがあるため、ワンカラーで装飾の無いシンプルなデザインのドレスでも素敵

カラフル・柄系カラードレスのデザイン

・レインボーなどのミックスカラーや柄物のドレスは、特別感と華やかさをより際立たせてくれる
・柄物なら、生地に存在感があるため、ベアトップやホルターネックなどのデザインで顔周りをすっきり見せるとよい

・注目のレインボーカラーのドレスは、ポップで可愛らしい雰囲気。プリンセスラインやAラインでチュールをふんだんに使ったデザインと相性がよい。
・レインボーカラーがストライプ状にあしらわれたデザインを選べば、大人っぽくスッキリ着こなせる

カラーもデザインもぴったりのドレスを探そう

カラードレスはカラーだけでなくその中での色の濃淡やデザインでも雰囲気が変わります。両方にこだわれば、きっと理想の1着にめぐりあえるでしょう。



ライフハックカテゴリの最新記事