パソコンを遠隔操作できるgoogleリモートデスクトップの使い方

パソコンを遠隔操作できるgoogleリモートデスクトップの使い方

                                                                  googleのリモートデスクトップを利用すれば、簡単にパソコンを遠隔操作で利用できます。googleのリモートデスクトップはどうやって使うのでしょうか。googleのリモートデスクトップの具体的な使い方を説明します。

パソコンを遠隔操作可能なgoogleのリモートデスクトップとは

リモートデスクトップは、インターネットで2台のパソコンを接続し、片方のパソコンからもう片方のパソコンを遠隔操作する技術。
Googleが提供しているブラウザ「Chrome」を使うと、リモートデスクトップを利用できます。
離れた場所から操作できるため、自宅や出張先からでも社内のパソコンを使った仕事ができるのです。

リモートデスクトップで遠隔操作する方法

リモートデスクトップを利用するには、事前に設定が必要。
操作する側とされる側両方のパソコンで、それぞれ別の設定があります。
遠隔操作はパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットからでも可能です(大きい画面のほうが見やすい)。

「操作される側」と「操作する側」の双方で行う設定

・両方のパソコンにブラウザ「Chrome」をインストールする
・同一のGoogleアカウントでログインする
・拡張機能「Chromeリモートデスクトップ」をインストールする

遠隔操作される側が行う設定方法

・「Chromeリモートデスクトップ」をクリックし、アカウントを選択
・許諾画面が表示されたら、内容を確認して「許可」をクリック(初回のみ「承認画面」が表示されるため、さらに「続行」をクリック)
・「Chromeリモートデスクトップ」のウィンドウが表示される
・「マイコンピュータ」の枠内にある「利用を開始」をクリックし、さらに「リモート接続を有効にする」をクリック
・インストーラをダウンロードする
・「Chromeリモートデスクトップ」に戻ると「PINコード」の入力を求められる(自分で決めて設定する)。PINコードは、操作する側のパソコンを接続する際に必要
・PINコードを入れるとリモート接続が有効化される

操作される側へパソコンを接続する方法

・操作する側のパソコンから「Chromeリモートデスクトップ」を起動し、操作される側のパソコンの名前をクリック
・操作される側のパソコンで設定したPINコードを入力する
・接続が完了し、「Chromeリモートデスクトップ」内に操作される側のパソコンの画面が表示される

リモートサポートでユーザーを招待できる

「リモートサポート」を使えば、自分以外のユーザーを自分の端末へ接続させられます。
リモートサポートを利用する場合、自分の端末でワンタイムアクセスコードを生成し、相手に伝える必要があります。

googleのリモートデスクトップの注意点

・外部から自由に利用できるため、情報漏洩のリスクも少なからずある
・企業で利用する場合、システム管理者への相談や確認が必要
・必要ないときは接続を切り、まったく使わなくなった場合はツールごと削除したほうが安心

まとめ

googleのリモートデスクトップなら、リモートワークを導入した場合でも社員がスムーズに仕事を進められます。ただし、googleのリモートデスクトップを利用するなら、しっかりとしたセキュリティ対策も必要。準備を整えてgoogleのリモートデスクトップをうまく使いましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事