パラレルキャリアと副業の違いとは?メリットとデメリットとは

パラレルキャリアと副業の違いとは?メリットとデメリットとは

                                                                  リモートワークのようにオフィスに出社することにとらわれない勤務体系も増えつつあり、働き方が多様化している現代。そんな時代だからこそ、パラレルキャリアと呼ばれる人も多くなっています。この記事では、パラレルキャリアのメリットやデメリットについて紹介します。

パラレルキャリアと副業の違い

・パラレルは「平行」「並列」という意味を持つ英語で、本業を持ちながら第二の活動をすること
・パラレルキャリアの概念は1999年にP.F.ドラッカー氏の著書によって提唱された
・パラレルキャリアの目的は、人生を豊かにすること
・副業は収入が目的となるため、パラレルキャリアとは目的が異なる

パラレルキャリアが注目されるワケ

・働き方が多様化したから
・平均的な企業寿命が短くなったから
・パラレルキャリアを推進している企業も増えてきているから

パラレルキャリアのメリット

・企業が育成に力を入れていない間にも、人材が成長する
・タイムマネジメント力が向上して、効率的な仕事が可能となる
・視野が広がることで、創造的な仕事が可能となる

パラレルキャリアのデメリット

・心身両面いずれかで、本業への影響が出る可能性がある
・人材が他企業へ流出してしまう可能性がある
・副業との見分けが難しい

パラレルキャリアの実例

・平日はOLをしながら、休日はアマチュア大会で優勝実績の多いテニスプレーヤーとして活動
・平日はサラリーマンをしながら、休日は外国人に街を案内するボランティア活動をする
・平日は企業勤め、休日は地域活性活動

リモートワークならパラレルキャリアになれる?

リモートワークの場合、通勤時間がないことなどから時間の余裕を持ちやすいためパラレルキャリアをめざしやすいといえるでしょう。
ただし、リモートワークでは自分の管理が大切なため、タイムマネジメント力が備わっていないとパラレルキャリアは維持しにくいです。
自分の時間を持ちにくくなり、ストレスを溜めてしまうことも少なくないため注意が必要です。

パラレルキャリアを企業で活用する方法

パラレルキャリアで活かせるものがあるのならば、どんどん発揮してもらえるようにこまめに声掛けをします。
パラレルキャリアでスキルアップした従業員がいたら、その情報を他の従業員にも提供してもらいましょう。
まずは従業員とこまめにコミュニケーションを取って信頼関係を築いた上で、パラレルキャリアに関する情報を聞ける環境を作っておきます。

まとめ

場所に縛られないリモートワークならば、パラレルキャリアを実現しやすいです。企業としては、そんなパラレルキャリアのメリットを活かせる環境を作っていきましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事