ワンルームマンション投資詐欺のリスクを抑えたいなら太陽光発電を!詐欺被害の実態とは?

ワンルームマンション投資詐欺のリスクを抑えたいなら太陽光発電を!詐欺被害の実態とは?

                                                                  ワンルームマンション投資は、不動産投資として注目を集めています。しかし、詐欺が横行している事実もあるのです。投資詐欺に遭わないための対策には、どのような方法があるのでしょうか。詐欺の手口や、対策方法を紹介します。

ワンルームマンションの投資詐欺による被害

ワンルームマンションの投資詐欺は、支払ったお金を持ち逃げされるケースが多いです。主に、配当金を受け取れない、「確実に儲かる」と言われたのにも関わらず損をするなどが挙げられます。
配当金詐欺は、最初の数カ月の支払いは行われることが特徴です。その後は「利益が出なかった」などの理由で、配当金を支払わなくなります。

相手が理由を説明しているうちはよいですが、のちに連絡が取れなくなることも特徴です。配当金として一部が支払われることもなく、すべてを持ち逃げされるケースもあります。
また、本来のワンルームマンションの相場と比較をして高額な料金で購入させる詐欺にも注意が必要です。

ワンルームマンション投資の詐欺の手口とは?

詐欺の手口にはいくつかの種類があり、新たな手口も生まれるため油断は禁物です。まず、投資のリスクを説明せずに契約させる手口があります。
投資をさせるために、「安定した家賃収入を得られる」「空室になることはない」など、メリットばかりを並べるのです。投資は、「絶対に儲かる」という断言はできないものと考えておきましょう。

次に、強引に契約させる手口です。「説明を聞いてみなければわからないから」と強引に説明をしたうえで、投資を断ると「説明に要した時間の責任を取れ」などと脅します。最後に、デート商法です。
好意を寄せている相手を信じたいという気持ちを利用する手法です。そして、「ワンルームマンション投資は節税効果がある」と勧誘します。

ワンルームマンション投資詐欺に遭わないための心構えや対策

ワンルームマンションの投資詐欺被害は増加しています。被害に遭わないためには、対策が欠かせません。投資を検討している場合、詐欺に遭わないために意識しておくべきことがあるのです。また、詐欺を疑った際の対策についても紹介します。

・詐欺への警戒をする
詐欺は、自分を過信している人こそ注意をしなければなりません。「自分は詐欺に遭わない」「うまい話に騙されるわけがない」と過信していると、警戒心を持たない状態となります。
油断することから詐欺に遭いやすくなるため、「気を付けなければ詐欺に遭うかもしれない」と警戒することが大切です。また、不動産投資を含めたあらゆる投資は、確実に利益を得られるものではありません。必ず損をするリスクがあり、リスクを回避して利益をあげるビジネスです。「確実に稼げる」というワードは、詐欺の常套句であるため、警戒しましょう。

・物件のリサーチを徹底する
自分では一切リサーチをせず、担当者に勧められるがままに契約すると、詐欺に遭う可能性があります。必ず、自分で物件をリサーチすることが重要です。すべて担当者に任せずに自分でも動くということは、詐欺の対策としてではなくても、投資をする上では欠かせないポイントでもあります。インターネットでも簡単にできるため、投資をしても問題がない物件か、手間を惜しまずにリサーチしましょう。

・信頼できる不動産会社かを確認
契約をする不動産会社が、信頼できる会社なのかを確かめましょう。ホームページとインターネットサイトで確かめる項目は、主に4つです。まず、ホームページに記載されている住所などの企業情報が正確であるか、次に創業年数が明記されているかを確認します。会社情報が公開されていない場合は、優良企業であるとはいえません。また、会社が公表している販売件数と販売実績が、極端に多くはないかという点も大切です。極端に多い場合は水増ししている可能性があり、警戒する必要があります。ホームページだけではなく、インターネットサイトの口コミや評判も確認し、悪い口コミが目立つ場合には注意しましょう。

詐欺業者によるワンルームマンション投資の営業や勧誘の断り方

電話で勧誘された場合、「誰から電話番号を聞いたのか」と質問をします。
相手は、電話番号の入手方法を伝えられないため、勧誘ができなくなるのです。また、「監査官庁に報告する」と伝えると、悪徳業者は詐欺が公になるリスクを恐れ、勧誘を断念します。詐欺は、しつこく勧誘することが特徴です。

そのため、何か聞かれても「生活や老後の不安はない」と通して、相手を諦めさせましょう。万が一、強引な勧誘や詐欺であると思われる会社と契約をしてしまった場合には、投資詐欺案件に強い行政書士や警察に相談します。

投資先として太陽光発電がおすすめな理由とは?

投資詐欺が懸念される中で、太陽光発電はローリスクな投資方法であるといえます。太陽光発電は、大手メーカーの技術向上や低価格化から、投資先としても注目されているのです。太陽光発電投資がなぜ安全なのか、リスクが低いのかを紹介します。

・20年間の買取保証制度がある
太陽光発電投資には、「フィードインタリフ制度」と呼ばれる法律で定められた制度があります。電力会社が10~20年のあいだ、年度ごとに決められた金額で電力の買取を保証する制度です。

個人事業主や中小企業が投資をする産業用太陽光発電の場合、20年間の買取保証が受けられます。一般家庭で設置される住宅用の場合は、10年間の買取保証があるのです。そのため、利益の有無は別として、投資の収入が0円ということはありません。

・設置費用が低下して性能が向上している
太陽光発電が普及し、産業用太陽光発電だけではなく、一般家庭でも導入するケースが増加しています。一般家庭でも導入しやすいよう、太陽電池モジュールや工事費などのシステム価格が低下していることが特徴です。

太陽光発電投資が注目を集めた2012年と比較をすると、発電効率もあがっています。2018年には、同様の面積の太陽光パネルでも発電容量が大きくなるでしょう。システム価格は低下していますが、売電価格は上昇していることも特徴です。非常に利益をあげやすい状況が、整いつつあります。

・悪徳業者が淘汰されている
太陽光発電投資がはじまった当初は、太陽光発電詐欺業者もいました。しかし、悪徳業者のほとんどは逮捕され、詐欺の手口も明らかにされています。
投資のリスクを説明しない、買取保証を伸ばすなどの嘘をつくなどの手口が有名になり、詐欺をしにくいのです。そのため、ワンルームマンション投資と比較をすると、投資リスクが低いといえるでしょう。

・安全な購入方法がある
完全無料で利用できるタイナビ発電所を利用することで、詐欺に遭うリスクはないといえます。また、詐欺に遭わないだけではなく、希望に合う太陽光発電の投資物件を気軽に見つけることも可能です。
リスクなく希望条件に合う物件を見つけられるのであれば、利用するデメリットはなく、メリットが多いといえるでしょう。

まとめ:ワンルームマンション投資詐欺のリスクを抑えたいなら太陽光発電を!

ワンルームマンションを含めた不動産投資詐欺被害が増えており、投資そのもののリスクに加えて詐欺のリスクも高くなっています。リスクを抑えたいのであれば、安全性の高い太陽光発電への投資を検討すべきではないでしょうか。タイナビ発電所を利用すれば、詐欺被害に遭うリスクを回避し、安全に投資を行えます。まずは、1分で完了する無料会員登録からはじめましょう。