引越しの「おまかせパック」を活用するための2つのポイント

引越しの「おまかせパック」を活用するための2つのポイント

                                                                  単身世帯の場合でも、引っ越しの準備にはおよそ2週間という時間がかかるといわれています。忙しい人や、引っ越しの準備期間を短縮したい人には、引っ越し業者が提供している「おまかせパック」の利用が最適です。
しかし、おかませパックというサービスそのものや、料金相場を知らない人も多いのではないでしょうか。そこで、「おまかせパック」の内容や、料金相場について紹介します。

準備期間を大幅に削減!おまかせパックとは?

引っ越し作業は、体力と時間を要するものです。急な転勤による引っ越しで準備が追い付かない、単身世帯など梱包作業を1人で行わなければいけない、仕事が忙しいなど、時間を確保できないケースもあります。小さな子供がいる、介護が必要な家族がいるなど、引っ越し作業ができないという人にも最適なサービスです。
ほかにも、妊娠中・高齢などで身体を動かせないという人や、引っ越し作業が面倒であるという場合にも、便利なサービスであるといえるでしょう。

一般的に、単身世帯の場合でも、引っ越しの準備にはおよそ2週間もの時間がかかるといわれているのです。引っ越しの準備期間が長くなる理由として、梱包に不慣れであるという点が挙げられます。
大きな家具から食器などの壊れやすいものなど、それぞれの荷物で梱包の方法は異なるものです。作業に不慣れな人が行うということが、作業に時間がかかる理由です。

そこで、引っ越し業者が提供しているサービスの1つである「おまかせパック」が注目を集めています。
荷物の梱包と荷ほどきを、引っ越し業者にまかせるという点が魅力のサービスです。おまかせパックは、引っ越し業者ごとにプランの名称が異なります。しかし、引っ越しをするうえで最も手間と時間がかかる、梱包と荷ほどきを代行するというサービス内容は共通です。

また、おまかせパックの中から、梱包と配送のみ、配送と荷ほどきのみなど、受けたいサービスを選ぶこともできます。おまかせパックの中にも種類があり、作業範囲が異なるのです。
一般的なおまかせパックは、「梱包・荷ほどき・収納・片づけ」ですが、「部屋単位で依頼可能」というパックを用意している業者もあります。依頼内容によって料金も変化するため、予算に合わせて内容をカスタマイズできる点もメリットです。
さらに、おまかせパックでは、荷物の梱包に必要となるダンボールやビニールヒモ、ガムテープといった道具も、引っ越し作業が準備をします。そのため、依頼者は簡単な指示をするだけで引っ越し作業を進めることが可能であり、仕事や家事に集中できるでしょう。

おまかせパックを利用するメリットとデメリット

まずは、おまかせパックのメリットやデメリットを確認しておくことが大切です。
引っ越しとは、荷物の移動が完了した時点で、引っ越しがすべて完了するわけではありません。荷ほどきが進まず、引っ越しから数カ月が経過した段階で、開けていない段ボールがあるというケースも珍しくはないでしょう。
おまかせパックを利用することで、荷物の梱包から荷ほどきまでを代行してもらうことが可能です。開かずの段ボールがあるという状況を回避できるでしょう。

さらに、おまかせパックでは、荷ほどきから小物類の収納、段ボール・ビニールひも・ガムテープなどゴミの回収も行います。
そのため、荷物を移動した当日に、引っ越し作業が完了するのです。単身世帯を例に、引っ越し業者におまかせパックを依頼した場合の作業時間の目安も紹介します。単身世帯の荷物を梱包するために必要な時間は、およそ1時間半です。荷ほどきから、荷物の収納が完了するまでの作業時間はおよそ2時間半となります。
自分で引っ越し作業を行った場合の目安は2週間であるため、作業時間が大幅に短縮されるのです。

デメリットとしては、梱包から荷ほどきまで、長時間の立ち会いが必要であるという点が挙げられます。指示を出す必要があるため、コミュニケーションがわずらわしいと感じる人もいるでしょう。また、通常の引っ越しパックと比較をすると、料金が高いという点もデメリットの1つです。
料金や指示など、おまかせパックには通常の引っ越しとは異なるデメリットもあります。
しかし、個人で引っ越し作業を行う作業量や時間から考えると、大幅に所要時間を短縮し、手間をはぶけることが魅力です。メリットのほうが大きいといえるのではないでしょうか。


引越し業者にまかせる作業範囲とは?

体力がなく作業が困難な人、忙しい人に最適なおまかせパックですが、どこまでの作業を引っ越し業者に「おまかせ」できるのか、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。基本的に、おまかせパックで作業を依頼できる範囲は、梱包と荷ほどきのみとなります。

ただし、梱包と荷ほどきの作業の中にも、業者が作業をできないものがあるため、注意が必要です。

バス・トイレ用品の梱包と荷ほどきは、衛生管理上、引っ越し業者に作業を依頼できません。また、紛失時のリスクが大きい現金や通帳、印鑑といった貴重品も、梱包と荷ほどきの作業対象外です。
女性依頼者の場合、下着や衣類の梱包や荷ほどきを依頼したくない場合もあるでしょう。つまり、衛生用品、貴重品、作業員に触れてほしくない衣類などは、自分で引っ越し作業を行う必要があります。

おまかせパックをカスタマイズする際の参考に、ほかにも注意しなければならないポイントを見ていきましょう。まずは、引っ越し前の自宅での作業内容です。おまかせパックで梱包が完了し、荷物の運び出しを終えたあとの掃除などは、自分で行わなければなりません。

また、荷ほどきも依頼する場合には、食器類の収納について確認しておくべきポイントがあります。基本的に、食器類を荷ほどきしたままの状態で収納されるのです。
一般的に、梱包資材の汚れや引っ越し作業時のほこりなどを洗い流すため、引っ越し作業後に食器類を洗ってから使用するケースが多いでしょう。しかし、おまかせパックでは、清潔な状態で使用したい食器類であっても、基本的にほかの荷物と同様に扱われます。
荷ほどき後、そのまま食器棚に収納されるのです。そのため、収納棚および食器に付着している目に見えない汚れは、付着したままの状態になります。
最終的には、食器棚と食器を洗浄し、再度収納しなおすことになるでしょう。引っ越し業者によっては、おまかせパックとは別のオプションを追加することで、掃除を依頼することもできます。

ただし、引っ越し料金が高額になるため、依頼しなければならない理由がない場合には、自分で行いましょう。ほかにも、本やインテリア小物なども、陳列方法を引っ越し前の状態に戻すことはできません。「本は本棚」インテリア小物の場合は「玄関に置く」など、場所の指定のみとなります。
食器の洗浄や、本や小物が多いという人は、荷ほどき後の手間を考え、荷物の梱包のみなど依頼方法を工夫するとよいでしょう。
作業範囲は引っ越し業者によって多少変動するため、事前に確認すると引っ越し作業がよりスムーズになります。

おまかせパックの料金相場は?

おまかせパックの料金相場は、10~15万円ほどです。料金相場は、基本の引っ越しパックの料金に加えて、作業量と作業に見合った作業員に対する人件費で算出されます。
作業員1人の人件費の相場は1万5,000円ほど、梱包作業の料金相場は作業員2~4人で、3万円~6万円ほど、荷ほどきにも同様の人件費が必要です。
作業員の人数は荷物の量や移動距離によって異なるため、見積もりを取って確認をしましょう。

おまかせパックをお得な料金で利用する方法

おまかせパックを依頼する業者を選ぶ際に、重要なポイントの1つが料金です。引っ越しでは、家具を購入する、生活用品をそろえるなど、お金がかかります。引っ越し業者に支払うだけではない出費も念頭に、予算を確保しなければなりません。

つまり、引っ越し開始から完了までの過程で、最も大きな出費となる引っ越し料金を抑えることが重要なのです。荷物の量や移動距離は、依頼者によって異なります。
そのため、引っ越し業者が明示しているケースは極めて少ないです。実際の料金を確認するためにも、複数の引っ越し業者から見積もり取り寄せて比較をする必要があります。

1社ずつに見積もり依頼をするという作業は、時間も手間もかかるでしょう。そこで、一括見積もりサイトを利用して複数の引っ越し業者から見積もりを取り寄せます。無料で5~10社の見積もりを取り寄せることができるため、簡単に料金を比較することが可能です。
特に、単身引っ越しの場合には、基本の引っ越しパックの料金よりもおまかせパックの料金のほうが高いというケースもあります。
そのため、見積もりの内訳を確認し、検討してから申し込む必要があるでしょう。

おまかせパックを活用するための2つのポイント

おまかせパックを活用するためには、引っ越しスケジュールの調整、保証制度の有無という2つのポイントを確認することも重要です。
まず、引っ越し希望日に対応できるかを確認します。最もお得な料金の引っ越し業者を選んだとしても、希望日におまかせパックで引っ越しができないのでは、意味がありません。また、おまかせパックを利用する場合には、梱包から荷ほどきまで、長時間立ち会わなければならないのです。
おまかせパックを活用するために、引っ越し希望日に対応してもらえるのかという点は、非常に重要なポイントの1つとなります。最後に保証制度の有無です。
おまかせパックでは、大切な荷物を梱包し、トラックに積んで移動、荷物をおろして荷ほどきを行います。非常に便利なサービスですが、荷物の破損や汚損といったトラブルが起こる可能性も0%ではありません。
おまかせパックを利用する際には、引っ越し業者に保証制度があるかを確認することも大切です。梱包や荷ほどきの作業中に、大切なものを壊されてしまう場合や、荷物で自宅の中を傷つけるといったことが起こりえます。
万が一のトラブルが起こった場合でも、保証制度がある業者であれば、安心しておまかせパックを利用できるのです。

おまかせパックでスムーズに新生活をはじめよう!

通常に引っ越しプランには含まれていない、こまかな荷物の扱いをまかせることによって、引っ越し作業の手間と時間を大幅に削減できます。
引っ越しの準備をスムーズに進め、体力・時間の負担を減らすためにも、おまかせパックを活用しましょう。

===========================================
■収納のお悩みなら!加瀬のレンタルボックス■
===========================================

・断捨離したいけどなかなか進まない
・自宅にリラックスできるスペースが欲しい!
・キャンプ用品やスキー・スノボ用品の置き場所がない

こんなお悩みありませんか?加瀬のレンタルボックスが引き受けます!

゜・。・★  【公式】ブックオフのネット宅配買取サービス  ★゜・。・
・゜・。☆ 自宅に居ながら本・CD・DVD・ゲームが売れる ☆・゜・。
読み終わった本やゲームを箱に詰めて送るだけ!自宅にいながら簡単に本・ゲームが売れます!

お得な買取額UPキャンペーンは随時開催中!

ライフハックカテゴリの最新記事