乳液だけじゃダメ?化粧水を付ける理由や目的とは?正しい使用方法も紹介

乳液だけじゃダメ?化粧水を付ける理由や目的とは?正しい使用方法も紹介

                                                                  スキンケアをする際、直接乳液や美容クリームを使用するのはダメなのかと疑問を抱く人も多いのではないでしょうか。化粧水を付けてからケアをするのには、理由があります。
化粧水を付ける目的と、正しい付け方を見ていきましょう。

化粧水を付ける目的

洗顔を行い、肌についた微細なゴミやホコリ、余分な皮脂を洗い流したあとは、化粧水を付けて肌を整えます、
洗顔をしたあと、化粧水で水分を補わなければ、肌の水分は急速に失われてしまうのです。
しかし、水分を補うといえども、肌に「水」を付けるだけでは肌の奥に水分は浸透しません。
肌の奥に浸透しない原因は体に備わっている防御作用によるものであり、肌に関しては油分も含まれているため、通常の水では浸透しないのです。
化粧水の主成分は水であるものの、エタノールやグリセリンといった成分、肌を柔らかくする作用があるエモリエント剤、保湿成分が含まれています。
そのため、肌の奥に浸透して水分を補い、肌本来の弱酸性を維持して肌を整えることができるのです。

美容液や乳液が浸透しやすいよう、肌を柔らかくする作用も期待でき、ムラなく肌に浸透させる役割、油分の調整を行う役割も果たします。
また、肌を引き締めるなど、皮脂の過剰分泌を抑制する作用があることも特徴です。
洗顔のあとに化粧水を付けなければ、肌は乾燥を防ぐために皮脂を分泌してしまい、油分のバランスが崩れます。

肌トラブルやオイリー肌を予防するためにも、化粧水を付けて皮脂の過剰分泌が起こらないようにすることが大切です。
しかし、化粧水のみで保湿ケアを行うことは難しいとされています。
化粧水の中に、多くの保湿成分は配合できないため、化粧水はあくまでも洗顔で失われる水分を補うことであると認識しておきましょう。


化粧水の付け方

化粧水の付け方には、手で付ける方法とコットンを使用する方法の2種類がありますが、いずれの方法も、化粧水の使用量は500円玉サイズが目安です。
化粧水の付け方、注意点やポイントを見ていきましょう。

手で付ける場合

手で付ける場合、手の温かさを利用して優しく肌に浸透させられる点がメリットです。
敏感肌や乾燥肌など肌がデリケートな人は、コットンを使用すると刺激を感じるため、手で付ける方法でケアをします。
まず、手のひらに化粧水を出し、手のひらに広げたあと、頬を包むように化粧水を付けましょう。
頬やデコルテまで付けたあとは、もう1度手のひらに化粧水を出し、指を使用して鼻や唇、目元にも付けることが大切です。
ムラがないように重ね付けすることもポイントであり、優しくハンドプレスをしてなじませます。
強い力を加えたり、擦ったりしないように注意が必要です。
乾燥が気になる箇所は、しっかりとなじませようと考えてしまいますが、刺激を与えることで肌トラブルが悪化してしまうケースもあります。
手で付ける際には、無意識に力が加わることもあるため、優しく付けることを意識しましょう。

コットンで付ける場合

コットンで化粧水を付けると、ムラなく化粧水を付けられることがメリットです。
顔には凹凸がありますが、コットンで付けることで、指や手のひらでは付けにくい部分にも化粧水を浸透させられます。
また、大きめのコットンを使用すると、1度に付けられる範囲が広くなるため、スキンケアをスムーズにできることもメリットの1つです。
顔を拭くように、乾燥しやすい頬から順に、額、目元と、優しくなじませましょう。
パッティングをしたあとは、顔全体を手のひらで包み、適度な力でハンドプレスをして浸透させます。
コットンで付ける際には、擦ったり力を加えたりしないように注意が必要です。
また、毎日のケアで使用するものであるため、天然コットンなど肌に刺激が少ない商品を選びましょう。

 

化粧水を付けるタイミング

化粧水を付けるタイミングは、洗顔を終えてから30秒以内が目安です。
洗顔をした直後から肌の水分が失われるため、洗顔をする際にはタオルと化粧水を準備し、すぐに付けられるようにしましょう。
化粧水のあとは、美容成分を配合した美容液を使用し、肌の潤いを維持させます。
美容液では日焼け、シミやそばかす、乾燥など、希望に沿ったケアが可能です。
美容液の次に乳液をつけて化粧水と美容液の成分を浸透させ、最後に美容クリームで肌に蓋をして、美容成分と潤いが失われないようにケアをします。

化粧水を付けるときに注意すべきこと

化粧水を付けるときには、注意したいポイントもあります。3つの注意点を意識しながら、化粧水でケアをしましょう。

洗顔後すぐに付ける

洗顔をした直後から水分が失われるため、洗顔後すぐに付けることが大切です。

水分を拭き取ってから付ける

洗顔を終えたあとの水分は、拭き取ってから化粧水を付けます。
水分上から化粧水を付けると、化粧水の成分が薄くなるため、有効成分が浸透しません。

過度にパッティングしない

パッティングをすると、成分が浸透しやすいと考えてしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし、肌に対しては刺激になるため、乾燥などの肌トラブルを起こすリスクもあります。
過度にパッティングをしても浸透率は変わらないため、適度なパッティングをすることが大切です。

擦りすぎない

肌を擦りすぎると、肌が傷つく可能性が高いです。また、肌が炎症を起こした状態になるため、よい影響はありません。

適量を守る

化粧水は、少ないと成分が浸透しませんが、反対に多く付けても効果は変わりません。そのため、適量を守って使用しましょう。


恋愛/男女問題カテゴリの最新記事