スーツが似合わない人の特徴!スーツが似合う人になる方法は??

スーツが似合わない人の特徴!スーツが似合う人になる方法は??

スーツはスタイリッシュに着こなしたいアイテムですが、なかにはスーツが似合っていなかったりサイズに違和感があったりするケースも多いのではないでしょうか。

スーツは男性らしさをアピールできるアイテムでもあり、ビジネスシーンでは欠かせないものです。

そこで、スーツを着こなせていない人は何故スーツが似合わないのか、似合う人と似合わない人の特徴と対処法について紹介します。

スーツが似合わない人特徴!対処方法は??

スーツは、元々日本人の着用するアイテムではなかったため、日本人でスーツが似合う人の方が少ないといえます。
しかし、特にスーツが似合わない人には共通点があるため、自分に当てはまっていないかをチェックしておきましょう。

猫背である
太っている
肩幅が狭い・なで肩

猫背である

スーツが似合わない人は、姿勢が悪いことが特徴です。
特に猫背の場合には、スーツを着用しても自信がなく元気もないような印象を与えます。

さらに、背が低く見えたり首が短く見えたりといったことも似合わない理由です。自信がない、暗い印象を与えてしまうことはビジネスシーンでも悪影響を与えるため注意しましょう。

スーツが似合う男性になるために、また、ビジネスシーンでもデメリットにならないよう、日頃から猫背にならないように意識をすることが大切です。

猫背で姿勢が悪い場合の対処方法

スーツが似合う男性を目指すのであれば、デスクワークの人は特に注意が必要です。

日頃から意識をしていても、パソコン作業に集中していると頬杖をついたり足を組んだりと、自然と姿勢が悪くなってしまうケースも少なくありません。

背もたれのある椅子を選ぶ、姿勢の悪さが目立つようであればシャツの下に着用できる矯正ベルトといったアイテムの使用も検討しましょう。

太っている

スーツが似合わない人は太っている人であり、特にウエスト周りが太い人はスーツをスタイリッシュに着こなせない原因だといえます。
標準体型の人は自分のサイズに適したスーツを見つけやすいうえに、スタイリッシュに着こなせるでしょう。

太っているの場合の対処方法

ウエスト周りが太い人は、サイズをしっかりとチェックして選ぶことが重要です。
ウエスト周りが太いからという理由でサイズの大きなスーツを選ぶと、だらしない印象を与えてしまい、格好良く着こなせません。窮屈そうに見えたり、違和感を与えたりするため注意が必要です。

また、サイズがきついパンツスーツを選ぶと、太っていることが目立ちます。
自分のサイズに適したスーツを購入するか、健康のためにもダイエットをするなど、スーツの似合う体型を目指すのも良いでしょう。

肩幅が狭い・なで肩

肩幅が狭くなで肩の人は、スーツを着ると肩が目立ってしまうことが特徴です。
肩幅が狭かったりなで肩であったりすると貧相な印象を与えてしまう可能性があるため、スーツが似合わないのだといえるでしょう。

肩幅が狭い・なで肩の場合の対処方法

なで肩の人や肩幅が狭い人、細身の人は肩パットが入っているスーツを着用することがポイントです。
スーツは、なで肩や肩幅が狭い、貧相な体型であることが目立ってしまうのでしまうため、肩パットが入っているものであればシルエットが綺麗になるでしょう。

肩パットが入っていないスーツを着用すると、肩にしわが寄ったり肩が目立ってしまう場合があります。
さらに、スーツそのものが型崩れすることにもつながるので、可能な限り肩パットが入ったスーツを選ぶようにすることが重要です。


まとめ

スーツが似合わない理由は、肩幅や胸板が薄いことなど、筋肉の付き方にも原因があります。
西洋人と比較して日本人は身長も低く、細身であることが特徴です。

スーツが似合う男性になるためにも、肩パットといったアイテムが入っているスーツを選ぶなど、自分の体型に適したものを選んだり、姿勢を正して自信をもって着用したりすることが重要だといえるでしょう。

ファッションカテゴリの最新記事