マンスリーマンションは審査がゆるい?契約に向いている人とは

マンスリーマンションは審査がゆるい?契約に向いている人とは

                                                                  短期間だけ、一定の場所に住みたい場合、ホテル暮らしや賃貸マンションの契約を検討する人も多いのではないでしょうか。しかし、住む期間は短いことが分かっているのであれば、マンスリーマンションを契約することも有効です。マンスリーマンションは、賃貸マンションと比較をすると気軽に住みはじめられる点が特徴であり、住まいとしても注目を集めています。メリットが多いマンスリーマンションは、どのような人に向いているものなのか、デメリットや注意点はあるのか、詳しく見ていきましょう。

マンスリーマンションとは?どんな人向き?

マンスリーマンションは、設備と料金の2つが一般的な賃貸マンションと大きく異なります。マンスリーマンションは長期間住むことを前提としていないため、私物の移動をせずにすぐに住める環境が整えられていることが特徴です。生活をするうえで必要最低限の、家電や家具が備え付けられています。テレビ・冷蔵庫・洗濯機・ベットのほかにも、トイレットペーパーなども備え付けられているため、すぐに生活をはじめられるのです。そのため、引越し作業の手間と時間はほとんどかかりません。

また、一般的な賃貸マンションであれば、初期費用として敷金・礼金が必要となり、大きな出費ですが、敷金・礼金が不要であることも特徴です。加えて、退去時の清掃費用も低価格であり、退去のタイミングも入居者が決められます。マンスリーマンションの利用は、単身赴任や出張、仕事の研修で短期間同じ地域に住みたい人に向いているといえるでしょう。仕事以外にも、旅行中にホテルとして利用する人や、別宅として借りる人もおり、利用用途はさまざまです。

マンスリーマンションのメリット

マンスリーマンションであれば自炊ができるため、ホテル暮らしと比較して出費を抑えることが可能です。また、マンスリーマンションは、水道代や光熱費も定額で設定されているケースが多く、冷暖房が必要な季節や、毎日から必ず湯船につかりたい人にとっては、料金を気にせず利用できるためメリットとなるでしょう。
さらに、マンスリーマンションを契約する場合、賃貸マンションとは異なる「短期賃貸型」の契約となります。賃貸マンションを契約する際には基本的に保証人が必要ですが、マンスリーマンションは保証人が不要であり、面倒な手続きもなく入居できることもメリットです。

マンスリーマンションのデメリット

マンスリーマンションによっては、入居の際に入居金さえ支払えば審査が行われないケースも多いです。メリットであるとも捉えられる一方で、入居時の審査が厳しくないために、誰でも入居できるともいえるでしょう。同じマンションの住人や隣人が、保証人を付けられないような人物の可能性もあります。

また、家電や家具が備え付けられており非常に便利なため、家賃が割高なマンションも多いです。出張などで利用する際には、食費を節約できるメリットと合わせて計算をして、ホテルや一般的な賃貸マンションと比較をする必要があるでしょう。さらに、契約期間内に退去するケースでは違約金の支払いを求められることもあります。契約前に確認をしなければ、出費がかさむ可能性があるため注意が必要です。

首都圏ならここで決まり!満足度No.1のクリエイトマンスリー

マンスリーマンションは、家電や家具があらかじめそろえられている点が大きなメリットです。賃貸マンションと比較をすると契約の手続きも簡単ですが、審査に通りやすい点はデメリットともなりうるため注意が必要になります。メリットとデメリットを理解したうえで、マンスリーマンションの契約を検討しなければなりません。

マンスリーマンションが現在の自分の状況に合っているのか分からない人や、興味はあるけれど不安も大きいという人も多いのではないでしょうか。物件や引っ越しの悩みは、プロの不動産屋に相談をすると、最適な環境や物件を探してもらえます。首都圏でマンスリーマンションの契約を検討しているのであれば、満足度No.1のクリエイトマンスリーに相談する方法が有効です。1人1人の事情に合ったマンスリーマンションを提案してくれるでしょう。


ライフハックカテゴリの最新記事