出張はマンスリーマンションがいい?どのくらいの期間の出張なら最適なのか

出張はマンスリーマンションがいい?どのくらいの期間の出張なら最適なのか

                                                                  長期出張を予定している場合、ホテルに宿泊すべきか、マンスリーマンションを借りたほうがお得なのか迷う人も多いのではないでしょうか。そこで、どの程度の期間であればマンスリーマンションを借りたほうがよいのか、また、借りる際のメリットとデメリットについて紹介します。

マンスリーマンションを借りた方が得な出張期間

マンスリーマンションを借りたほうがお得かどうかは、出張期間によって異なります。長期出張の期間が1週間の場合は、ホテルではなくマンスリーマンションを利用しを借りたほうがお得になるケースが多いです。マンスリーマンションのほうが1泊あたりに換算した際の宿泊費が安くなることが多く、1泊あたりの宿泊費が同額であっても、ホテルよりマンスリーマンションのほうが広いスペースを変えるため、快適に過ごせるでしょう。
また、マンスリーマンションは1部屋単位での契約となるため、2名以上で利用した場合でも費用が変わらない点がお得なポイントです。しかし、マンスリーマンションの利用人数は契約ごとに制限があるため、事前に確認し規約違反にならないよう注意しましょう。
マンスリーマンションは利用する期間によって料金が異なり、期間が長ければ長いほどコストパフォーマンスはよくなることが特徴です。マンスリーマンションを運営している会社によって異なるものの、短期であれば1週間、長期であれば1年プランまで存在します。長期出張などで1週間以上利用する場合、ホテルと比較した際の宿泊費を抑えられることが魅力です。

出張でマンスリーマンションを借りるメリット

マンスリーマンションを借りるメリットの1つとして、食費を抑えられることが挙げられます。ホテルでは自炊ができないため、外食やホテルのレストラン、購入した飲食物を持ち込んで食事をとることが一般的です。そのため、宿泊費以外にも飲食代がかかります。マンスリーマンションであれば自炊が可能なため、食費を節約できることが魅力です。
宿泊費に加えて食費の節約にもなるため、出張期間が長いほどコストパフォーマンスはよくなることも特徴です。マンスリーマンションはホテルとは異なり、掃除や洗濯を行い、消耗品などは自分で購入しなければなりません。しかし、すべて自分のペースで生活できるため、人によってはホテルよりもリラックスした生活を送れるでしょう。

出張でマンスリーマンションを借りるデメリット

マンスリーマンションのデメリットは、通常の賃貸より家賃が高いことが挙げられます。マンスリーマンションは家電や家具が備え付けであることや初期費用が安いことなどから、通常の賃貸と比較すると家賃は高くなることが特徴です。長期出張の期間が数カ月に及ぶ場合には、費用がかさむというデメリットがあります。
また、家電や家具があらかじめ設置されていることで、自分の好きなインテリアを楽しむことは難しいといえるでしょう。短い期間でも自分好みの部屋に住みたいという場合にはデザイナーズ物件などを選択する必要があるため、より費用がかさむ可能性が高いです。

出張でマンスリーマンションを借りる際の注意点

マンスリーマンションは、長期出張のスケジュールが突如変更になるなど契約期間内で解約しなければならない場合、違約金が発生することもあります。金額はマンスリーマンションの運営会社によって異なりますが、あらかじめ支払ってある費用については返金されない場合も多いです。
さらに、別途原状回復費も請求される可能性があるため、事前に契約内容をチェックしておく必要があります。
加えて、内見できない点についても注意が必要であり、契約前に設備や広さなどを直接確認できないため、間取りや写真を確認し、周辺施設についても自分でリサーチしなければなりません。インターネットでリサーチをしても疑問点が残る場合には、必ずマンスリーマンションの運営会社へ確認をすることが大切です。

出張でマンスリーマンションを借りるなら慎重に

長期出張の場合、期間によってはマンスリーマンションを借りたほうがお得なケースがあります。ただし、基本的に内見はできず契約前に設備や広さなどを直接確認できないため、
間取りや写真を確認し、周辺施設についても自分でリサーチしなければなりません。インターネットでリサーチをしても疑問点が残る場合には、必ずマンスリーマンションの運営会社へ確認をすることが大切です。
しかし、マンスリーマンションはホテルと比較して広々とした空間を使用でき、家事全般も自分のペースで行えるため 、長期出張中リラックスして生活できる可能性が高いといえます。出張期間を加味し、マンスリーマンションのメリットデメリットを比較したうえで契約を検討しましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事