浮気調査の目的を明確にしよう!浮気調査の目的例を紹介

浮気調査の目的を明確にしよう!浮気調査の目的例を紹介

                                                                  浮気調査をおこなうなら、目的をはっきりさせておくことが大切です。具体的にはどのような目的で浮気調査をおこなう人が多いのでしょうか。よくある浮気調査の目的について紹介します。

浮気調査の目的を明確にすべき理由

浮気調査で大切なのは、浮気の目的と解決の手段を一致させること。
目的や具体的な解決の手段が定まっていないと、調査の内容に過不足が出る可能性があります。
離婚や慰謝料請求をするには、法律の知識が必要不可欠。早めに専門家と連携して手続きを進める必要があるのです。

目的を定めず浮気調査しない方が良い理由

浮気しているかどうか確かめたいだけなら、浮気の証拠となる写真が1~2枚あれば十分。大掛かりな調査は必要ありません。
どのような目的にも対応できる調査を依頼するとなると、料金が高額になる恐れがあります。
離婚や慰謝料請求などの目的があるなら、より多くの証拠が必要になるため、あとから調査を追加するとなると手間も増えるでしょう。

浮気調査の目的例その①:離婚

パートナーの浮気を理由に離婚するには、確たる証拠が必要。
写真数枚では、パートナーが浮気を否定する可能性もあり、たとえば、浮気相手とホテルへ入っていく写真を見せても、「体調が悪くなって休憩していただけだ」と主張される可能性があります。
浮気を認めざるを得ない確たる証拠があれば、パートナーに言い訳や言い逃れをさせずに離婚に向けた話し合いがスムーズにできるでしょう。

浮気調査の目的例その②:離婚をしないため

浮気調査の目的としては「離婚しないため」も挙げられます。
法律上、浮気をした側から離婚を要求されたとしても、拒否できるのです。
離婚を確実に拒否するには、パートナーの浮気について確たる証拠が必要。
浮気の証拠があれば、パートナーではなく自分自身の求める問題解決を目指せます。

浮気調査の目的例その③:夫婦仲を良くするため

浮気しているのが明確でも、証拠がないと相手は浮気を素直に認めないことが多いです。
明確な証拠を示して「浮気をやめて欲しい」と話せば、パートナーも事の重大さに真剣に向き合う可能性が高いでしょう。
浮気したパートナーとしっかりと話し合い、反省を促すことができます。

浮気調査の目的例その④:慰謝料請求のため

離婚する場合、浮気の証拠を示して慰謝料を請求できます。
ただし、離婚しない場合は請求できる慰謝料の額が少ないことに注意。
家庭裁判所に慰謝料の請求を申し立てると、浮気したパートナーと浮気相手が連帯して慰謝料を支払うことになります。
また、浮気相手だけに慰謝料の支払いを求めたいなら、地方裁判所への申立てや示談のほうがよいケースもあるでしょう。

第三者の意見を聞こう

パートナーが浮気している場合、混乱や興奮により正しい判断ができないケースも少なくありません。
専門家や経験者など第三者の意見を聞くことで、自分の状況に合った浮気調査の目的を定めることができるのです。
離婚や慰謝料請求では、専門的な知識がないと有利に進めるのが難しいでしょう。
浮気調査をおこなうときは、あらかじめ浮気の目的と解決の手段を一致させておくことが大切。浮気調査は第三者に相談しつつ目的を明確にしたうえで依頼しましょう。


恋愛/男女問題カテゴリの最新記事