在宅勤務制度の問題点と導入の流れや対策方法

在宅勤務制度の問題点と導入の流れや対策方法

                                                                  在宅勤務制度の導入は優秀な人材確保に効果的な一方、問題点もあります。問題点を解決しつつ在宅勤務制度を導入するにはどうしたらよいのでしょうか。具体的な導入の流れや対策を解説します。

在宅勤務制度を導入した場合の問題点

在宅勤務の導入には人材確保などのメリットがある一方、問題点もあります。
・在宅勤務者とのコミュニケーションが取りづらい。
・在宅勤務者の就労実態を把握しにくい。
・成果を重視しすぎると長時間労働につながりやすい。
・インターネットを介して重要な情報をやり取りする機会が増え、情報漏洩のリスクが高まる。

問題点を¥解決しながら在宅勤務制度を導入する

在宅勤務を導入する際は周到な準備をし、運用後も修正を重ねて問題点を解決していく必要があります。
・在宅勤務導入の流れ
基本方針の決定→社内ルールの見直し→在宅勤務に必要なツールや環境の整備→試行→分析→本格的な導入へ
・社内ルールの見直しは実際に在宅勤務をする人の視点を取り入れる。
・新しいシステムなどを導入して在宅勤務に適した状態を作ることで、人為的なミスや問題の発生を抑えることができる。

在宅勤務の問題点の対策①:環境整備

在宅勤務の準備として円滑なやり取りができる環境整備が必要です。
円滑なコミュニケーションが取れる環境の構築は、在宅勤務の労働生産性を高めるために必要不可欠。
バーチャルオフィスシステム(仮想空間のオフィスに社員が集まり、音声・映像・文字でリアルタイムに連絡が取れるツール)を導入すれば、在宅勤務者とオフィスにいる社員が同じ空間で働いているような感覚で連携できます。
Web会議システムやテレビ会議システムでも、バーチャルオフィスシステムに近い運用が可能です。

在宅勤務の問題点の対策②:就労実態の把握

在宅勤務の準備として、就労実態を把握する仕組み作りが必要です。
就労実態を把握する仕組み作りの必要性;労働力に対する正しい賃金の支払い、社員間の公平性の保護などが挙げられます。クラウド型勤怠管理システム(在宅勤務者が画面の勤怠ボタンをクリックするだけで勤怠報告できるツール)を使うことで、在宅勤務者の作業内容を管理者が確認することが可能です。
なりすましを防止する顔認証などの機能をもったシステムもあります。

在宅勤務の問題点の対策③:人事評価制度

在宅勤務の準備として評価制度の見直しが必要です。
在宅勤務者は働いている姿を管理者が確認することができません。ただし、成果のみを評価対象とすると長時間労働を引き起こしやすいといえます。
在宅勤務者がプレッシャーやストレスを感じずに働ける制度を構築する必要があり、在宅勤務者の不安や疑問を把握したうえで、企業と社員がともに納得できる評価制度を構築する必要があるのです。

在宅勤務の問題点の対策④:セキュリティ強化

在宅勤務の準備としてセキュリティ対策の強化が必要です。
インターネットを介して組織がもつ個人情報や機密情報をやり取りする場合は、外部の脅威から情報を保護するシステムを導入したほうがよいでしょう。
仮想プライベート・ネットワークを導入すれば、暗号化されたネットワークを使用でき、自宅や外出先もオフィスのようにネットワーク環境を使えます。
在宅勤務者が使用するノートパソコンにウイルス対策ソフトウェアなどをインストールすることも必要です。

在宅勤務の問題点の対策⑤:在宅勤務社員への研修

・重要な情報の取り扱いは個人レベルで気を付ける必要があるため、情報セキュリティ意識についての研修が必要。
・在宅勤務者が円滑に業務に取り組めるようにするには、ツールの使い方や必要な知識などをしっかり伝えておく必要がある。

定期的な顔合わせの機会も設ける

・ツールを使って連携していても、在宅勤務者は孤独を感じやすい環境にいる。
・仕事をスムーズに進めるためには、オフィスで働く社員との定期的なコミュニケーションが必要。
・在宅勤務者のモチベーションを維持し、離職を防ぐ効果が期待できる。

まとめ

在宅勤務制度の問題点を解決するにはさまざまな対策方法があります。しっかりと情報を集めて準備を進めれば、在宅勤務制度をうまく活用しましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事