ウォーターサーバーの水を冷却できる仕組みとは

ウォーターサーバーの水を冷却できる仕組みとは

                                                                  普段何気なく使っているウォーターサーバーですが、なぜ冷水がすぐに出てくるのか疑問に思ったことはないでしょうか。この記事では、ウォーターサーバーで冷水や温水が出る仕組みについて紹介します。

ウォーターサーバーの水の温度について

・冷水の場合は5度前後、熱湯の場合は80~90度が一般的
・ウォーターサーバーによって設定温度は異なる
・大手クリクラの場合は冷水が4~10度、熱湯が75~85度

ウォーターサーバーで水を冷却する仕組み

・電子式の場合は、タンク内の特殊な素材に電気を通して水を冷やす
・コンプレッサー式では、タンクに冷媒ガスを循環させて水を冷やす
電子式は、水を冷やすのに数時間かかります。

ウォーターサーバーで温水を使える仕組み

温水タンク内に内蔵されている金属の棒を加熱し、水が熱せられた金属の棒に触れることで熱湯ができます。
基本的には、電気ポットと同じような仕組みです。

最適な温度の水を飲む方法

サーバー内部の機能を保つためには定期的にメーカーのメンテナンスを受ける必要があり、中にはメンテナンスフリーのサーバーもあります。
サーバー外部は、こまめに手入れをしておくと安心です。

ウォーターサーバークリクラが人気の理由

・安心に徹底的にこだわった水がいつでも飲める
→世界でもっとも安全といわれている日本の水道水から不純物をすべて取り除き、そこにミネラルを添加したミネラルウォーターなのでいつでも硬度や成分が変わらない
・定期的なメンテナンスで安心して使い続けられる(専門スタッフがサーバーを回収してパーツごとに分解し清掃、洗浄、点検している)
・まろやかな味わいの水で使いやすい
→クセのない水なので何にでも使いやすい
・続けやすい価格設定
→サーバーレンタル料金や宅配料金、入会金は一切かからない
ウォーターサーバーがあれば、氷などを作らなくてもすぐに冷水が飲めるので便利です。
活用法などもチェックして、導入を検討しましょう。


ライフハックカテゴリの最新記事