保育士の面接を成功させるための転職理由の伝え方

保育士の面接を成功させるための転職理由の伝え方

                                                                  面接の行方に大きな影響を及ぼすのが、転職理由。この記事では、保育士に多い転職理由と面接を有利に進めるための伝え方を紹介します。

保育士の転職理由1:仕事が割に合わない

・保育士の仕事は、背負う責任に対して給与が少ないと感じる場合がある
・仕事量が多く、給与に見合わないと感じるケースも多い
・残業時間が多いなどで、心身ともに負担が大きくなり割に合わないと感じる人も多い

保育士の転職理由2:保育方針が合わない

・保育所によって保育方針は大きく違う
・保育士として自分なりの考えを持っている人ほど、保育方針がずれていると働きにくさを感じる
・自分の理想と違う勤務を強いられるのは、かなりのストレスとなる場合がある

保育士の転職理由3:人間関係

・人間関係がよくないと、精神的なストレスが大きくなる
・同僚だけでなく、上司や園長との人間関係を維持することは簡単ではないため、転職したいと考える人も多い
・保育士の場合は、保護者との関係も人間関係の悩みとして多い

履歴書の転職理由記載例

・前職を退職した理由(その理由は当園で解消できるか)
・当園の保育理念などへの共感(当園でなければいけない理由)
・前職での経験(経験を当園でどう活かしたいか)
・今後の目標(当園でどう活躍したいのか)

面接を成功させるコツ1:正直に話す

印象をよくしようとして事実とは異なることを話しても、いつか本当のことがばれてしまう可能性が高いです。
正直に話すことは信頼関係の基本となるため、その後の人間関係にも影響しやすいでしょう。
無理に事実を隠したり事実を誇張するよりも、正直に話すほうが現実味があり説得力のある話ができます。

面接を成功させるコツ2:前向きな言葉を使う

正直に話すとしても、ネガティブな発言が多いと採用される可能性は低くなります。
思っていることをそのまま伝えるのではなく、ポジティブな言葉に置き換えましょう。
たとえば、保育方針の違いが原因だった場合には「より自分の理想とする保育の現場で自分を高めたいと思ったため」などと伝えます。

面接では伝え方が重要!

同じ内容を伝えるにして、いい方を変えるだけで相手に与える印象はまったく違います。保育の求人あるあるで新しい職場を探して、面接を成功させましょう。


ビジネスカテゴリの最新記事