間取り図に良く使われる略語とMBの意味について

間取り図に良く使われる略語とMBの意味について

                                                                  物件選びの際、間取り図を見ていてよくわからない略語を目にすることも多いです。そこで、よく見かける略語の種類について紹介します。

間取り図の略語とは?

・略語は間取り図の限られたスペースに表示するため、またはデザイン上使われることが多い。
・有名なものにリビング=L、ダイニング=D、キッチン=Kなどがあるが、普段使わない略語はあまり知られていない。
・間取り図を見たときに疑問に思ってもいちいち聞くのが面倒という人も多いが、ある程度理解しておくと使い方や必要なものを把握することができる。

MBの意味と使い方

MBの意味と使い方について紹介します。

・MBはメーターボックス

・電気、水道、ガスのメーターなどを収納する場所
・マンションやアパートの場合、共用部分なので専有面積には含まれない。
・使用量を確認する検針をするために、戸外に設置されている。

・MBの使い方の注意

家の前にあっても自分の専有スペースではないため私物を入れるのは禁止。扉が付いていて、物を入れられるスペースがある場合、強引に物置きとして使用する人もいるが、検診の邪魔になるため私物を入れません。
また、性質上鍵が掛けられないようになっており、検針の人が自由に開けることができます。したがって、中に私物を入れると盗難の恐れもあります。

PSはパイプスペースの略

・パイプスペースとは上下水道管やガス湯沸器などを収納したスペースのこと。
・メーターボックスと同様に住戸の玄関脇など外部に設置されている。
・スペースの中に電気・ガス・水道メーターを納めているときは「MBPS」と表示される
・MBと同様に専有スペースには含まれていない。

その他知っておきたい略語とは?

・R=冷蔵庫(Refrigeratorの頭文字)
・S=納戸(Survice roomの頭文字)
納戸と部屋は採光や換気の規定が違い、窓がない部屋はどのような広さでも納戸という扱いになる。
・WIC=ウォークインクローゼット(Walk In Closet)このほか「WINCL」「WCL」と表記されることもある。
・CL=クローゼット(Closetの略)
・SB=靴箱(Shoes Boxの頭文字)
・WC=トイレ(Water Closetの頭文字)便器のイラストと一緒の場合が多く分かりやすい。
・W=洗濯機置き場(Washing machine)など

略語を知って読み取ろう!

間取り図の略語はあまり知られていないものも多いですが、一度知ってしまえば知識として役立ちます。部屋選びの参考にしくださいね。



ライフハックカテゴリの最新記事