ロングトレーンのウェディングドレスを着たい!ウェディングドレスを選ぶ際のポイント

ロングトレーンのウェディングドレスを着たい!ウェディングドレスを選ぶ際のポイント

                                                                  ロングトレーンは、女性の多くが一度は憧れた経験があるのではないでしょうか。その美しい後ろ姿は、まるで映画の1シーンのようで神聖な印象となります。この記事では、そんなロングトレーンのウェディングドレスについて紹介します。

ロングトレーンの由来と意味ついて紹介

・トレーンは英語の「train(列車)」に由来していて、ドレスの引き裾のことを意味する
・ロングトレーンとは長くつながった列車のように長い引き裾のことを意味する
・12世紀頃には登場していたとされるロングトレーンは、宮廷での身分の高さが高いほどトレーンが長くなっていた
・長ければ長いほど格式が高いとされ、ロイヤルウェディングでは約8mにもなるロングトレーンのウェディングドレスもあった

ロングトレーンが合うウェディングドレス

どのタイプのウェディングドレスでも、基本的にロングトレーンデザインにすることは可能です。ただし、長めのロングトレーンにする場合は、Aラインやプリンセスラインなどのボリュームのあるドレスがおすすめ。
ドレスとトレーンの素材によって、印象が大きく変わります。

ロングトレーンのウェディングドレスの選び方

ロングトレーンのウェディングドレスで挙式をする場合は、トレーンが映えるバージンロードの幅と長さが必要。トレーンが長くなるほどドレスが重くなるので、動きやすい長さにします。
ドレスそのもののデザインや髪型など、トータルの印象を見ながらトレーンの長さや素材を選ぶときれいにまとまります。

ロングトレーンののベール選び

・一般的には、トレーンよりもベールが長いとバランスがいいとされる
・トレーンを活かすためにミディアムベールをするのならば、ドレスのデザインを邪魔しない長さにするといい(腰部分のリボンなどにかからないようにする)
・装飾が美しいロングトレーンならば、装飾を活かすためにシンプルなベールを選ぶのも効果的

取り外せるトングトレーンがある!

挙式ではロングトレーン、披露宴では会場で動きやすいように短めのトレーンにすることが可能。着脱可能なタイプのほか、トレーンの長さが調節できるドレスもあります。

まとめ

ロングトレーンは、花嫁の美しさを際立たせます。ロングトレーンのウェディングドレスを着るのならば、トレーンが映える会場を選ぶことも大切です。


ライフハックカテゴリの最新記事